#ゲームオブスローンズ のヴァリリア鋼の武器を全部調べてみた

ゲームオブスローンズを見ていくと、特に解説もないままに「ヴァリリア鋼!?」みたいにありがたがられているものの、話が進んでいくとだんだんとその貴重さが分かってくる金属ヴァリリア鋼。

今は滅亡してしまったが、古代にヴァリリア帝国という高い文明をもつ国がありそこで作られた金属。現在はヴァリリア鋼を作る技術は失われているため、数少ないヴァリリア鋼の武器だけが残っているだけとなる。

ヴァリリア鋼自体はドラゴンを使って鋳造したりなんだりするらしい。

アイス(Ice)


代々スターク家に伝わる大剣。エダード・スタークが持っていた大剣だが、タイウィン・ラニスターに奪われてから溶かして2本の剣(Oathkeeper, Widow’s Wail)に作り変えられた。
(ヴァリリア鋼をイチから作ることはできないが溶かして作りなおす技術はあるらしい)

鉤爪(Longclaw)


代々モーモント家に伝わっていた剣。ナイツウォッチ総帥ジオー・モーモントから、ジョン・スノウに譲渡された。柄頭は元はモーモント家のクマをあしらっていたが、ジョンに譲渡する時にスターク家のダイアウルフに作り変えた。

誓約を果たすもの(Oathkeeper)


Iceを溶かして作られた2本のうちの1つ。タイウィン・ラニスターからジェイミー・ラニスターへ与えられ、ジェイミーからブライエニーに譲渡された。

ウィドウズ・ウェイル(Widow’s Wail)


Iceを溶かして作られた2本のうちの1つ。タイウィン・ラニスターからジョフリー・バラシオンに結婚記念に与えられた。ジョフリーからトメンへと受け継がれ、最終的にはジェイミー・ラニスターが所持している。

ヴァリリア鋼の短剣(Valyrian steel dagger)


名称不明。最新の所有者はシーズン7で確定するがあえて書かない。元はピーター・ベイリッシュの所有物であったが、賭けに負けてティリオン・ラニスターに譲渡されたということになっている。それを暗殺者が使ってきたのでティリオンが暗殺を企ててのではという疑いになった。しかし、そのように偽装工作した可能性もあるので定かにはなっていない。

ハーツベイン(Heartsbane)


ターリー家の家宝の剣。ラドウィン・ターリーが所持していたが、サムウェル・ターリーによって勝手に持ちだされる。サムは剣とかの戦闘苦手なくせに。

TV版には出てきていないがヴァリリア鋼の武器として知られているもの

  • ブライトロアー(Brightroar)
  • ラニスター家が所持していたもの。トメン2世(ドラマに出てくるトメンではない)がヴァリリア遠征時に持ちだしてから紛失。現在は不明。長い間ラニスター家はヴァリリア鋼の武器を所持していなくて悔しかったのでしょう。タイウィン・ラニスターは金の力で貧しい名家から買おうとしたがどこからも拒絶されたらしい。最終的にスターク家の所有していたIceから2本の新しい剣を鋳造して、晴れてヴァリリア鋼持ちの家に返り咲いた。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • ダークシスター(Dark Sister)
  • ヴィセーニャ・ターガリエンが所持していた女性向けのヴァリリア鋼の細身の剣。Blackfyreとともにターガリエン家が代々所持していた。アリアがシーズン2で言及している。現在は不明。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • ブラックファイア(Blackfyre)
  • エイゴン・ターガリエンが所持していた剣。現在は不明。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • ナイトフォール(Nightfall)
  • Harlaw家(グレイジョイ家の祖先)が所持していた剣。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • レディフォーロン(Lady Forlorn)
  • Corbray家が所持していた剣。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • ヴァリリア鋼のアラク(Valyrian steel arakh)
  • ドスラクが使う曲刀。ドスラクのCaggoが所持。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • ヴァリリア鋼の斧(Valyrian steel axe)
  • Celtigar家が所持。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • 嘆き(Lamentation)
  • Royce家が所持していたが、戦で失われた。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • オーファンメーカー(Orphan-Maker)
  • Roxton家が所持していた。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • 真実(Truth)
  • リセネの貴族であるMoredo Rogareによって運ばれた。参考:A Wiki of Ice and Fire

  • 警戒(Vigilance)
  • Hightower家が所持していた。参考:A Wiki of Ice and Fire

ヴァリリア鋼と思われがちだけど違うもの

剣に名前をつけると、いかにもヴァリリア鋼の宝剣のように思われてしまいがちだが、ヴァリリア鋼でなくても名前のついた剣がある。

ニードル(Needle)

アリアがもつ細身のサーベル。女子でも扱えるような軽くて細い剣でジョン・スノウからプレゼントされた。姉のサンサは裁縫の針、私には針の剣という意味が込められている。ウィンターフェルの名職人ミッケンに作られた良品ではありそうだが、ヴァリリア鋼ではない。
※一時期スターチャンネルの日本語公式サイトの用語集で、ニードルの解説でヴァリリア鋼という記述があった(今は見られない。アーカイブ参照)、小説の方でもドラマ版でもニードルがヴァリリア鋼であるとは誰も言っていない。そもそも落とし子で虐げられていたジョン・スノウが家宝ともなりそうなヴァリリア鋼を使って剣を作ってプレゼントするなんていうのもあり得ない。

ハートイーター(Hearteater)

ジョフリーがWidow’s Wailをもらうまで使っていた剣。サンサに自慢げに見せているが、これがヴァリリア鋼である描写はなさそう。

ヴァリリア鋼の武器考察

ヴァリリア鋼の武器は素晴らしい切れ味をもち、ドラゴングラスと同じようにホワイトウォーカーを一撃で倒す効果を持つ。
なぜ、どちらか一方だけでなく両方に対ホワイトウォーカーの特殊効果があるのか?なにか双方に共通点があるかと思われる。

ヴァリリア鋼は古代ヴァリリア人のみが鋳造できた金属。ヴァリリア人はドラゴンを手なづけることができた民族。ヴァリリア人とドラゴンは密接な関係。
wikiサイトによると、‘forged with dragons’ という記述があり(出典は小説版)、ドラゴンと共に鋳造された?というよく分からない記述があり、ヴァリリア鋼とドラゴンは関係があるように思える。

一方で、ドラゴングラスは黒曜石のことだがウェスタロスではドラゴングラスと呼ばれている。こちらも名前からなにかドラゴンに関係しそう。ドラゴン絡みのものがホワイトウォーカーに効果があるのだろうか。

ゲーム・オブ・スローンズを見るには?

Amazonプライムビデオ

オススメはAmazonプライムビデオです。2018年1月末からプライムビデオでシーズン1〜6まで見放題になりました。
Amazonプライムビデオ「ゲーム・オブ・スローンズ」
シーズン7だけが定額見放題では見られませんが、レンタル販売しているのでそれを購入すればAmazonプライムビデオでも閲覧可能です。
シーズンレンタルで1780円です。シーズン1〜6まで見てきた人にとっては安いもんです。

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員になれば利用できるサービスです。見放題のビデオ以外にも音楽サービスのAmazon Music、配送料無料など様々な特典がありながら月額400円または年額3900円と他の定額ビデオサービスとくらべて格安です! (プライムビデオだけ加入するというのはできません。プライム会員になればプライム会員の特典が様々あってその一つがプライムビデオです。)
まだプライム会員になっていない方は無料体験もできるようなので、↓のバナーからぜひ体験してみてください。

オススメなのは、プライム会員に加入して、Fire Stick TVをリビングのTVに接続してプライムビデオを観ることです。もちろんスマートフォンのプライムビデオアプリからでも閲覧できます。


Hulu

現在(2018/01/31時点)はHuluでシーズン1〜7まですべてが見放題になっています!1話あたり50分ちょっとあるのでかなりボリュームありますが、頑張れば無料期間でも全話見れると思いますし、映画でも1本見に行ったつもりで1ヶ月契約すれば安いもんです。ガンバレ!
  以前は、Huluを最安値でオススメしていたのですが、AmazonプライムビデオがGOTの配信を始めてからは、Amazonの方がお得感あると思います。Huluアプリはダウンロードしてオフラインで閲覧するというのができないので、その点でプライムビデオの方が優れていると感じています。
「シーズン7のゲームオブスローンズをネット配信で観る」

小説版のゲーム・オブ・スローンズ

小説版もかなりのボリュームがありますが、ドラマ版とはまた違った詳しい描写が記述されていてファンなら楽しめると思います。
七王国の玉座〔改訂新版〕(上)(氷と炎の歌1)
早川書房 (2012-08-01)
売り上げランキング: 1,072
小説版は、ゲーム・オブ・スローンズというタイトルではなく各部ごとにわかれています。改定新版と早川書房版とハヤカワ文庫SF版とごちゃごちゃと各社から出ているので探しにくいです。 ちなみにドラマ版の方が原作である小説版よりも先に進んでいます。小説版の六部はどんなストーリーになるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください