進撃の巨人 34巻を待たずに完結まで読む方法 サブスク?単話売り?雑誌?

進撃の巨人。私は電子書籍派で33巻まで購入しているのですが、雑誌での最終話まで最速で読むために一番リーズナブルな方法、サブスク、単話売り、雑誌販売などを調べてみました。

雑誌での連載完結しても、単行本最終巻34巻の発売日は6月9日ということで2ヶ月も待たなければなりません!でもどうしても今すぐ完結まで読みたいという人のためにどうすればいいか解説します。

サブスクは無いらしい

進撃の巨人が連載されているのが別冊少年マガジンで、読み放題のサブスクとして別冊少年マガジンが含まれているサービスは残念ながら無いようです。

コミックDAYSあたりが講談社系のサービスなのですが、こちらでも別冊少年マガジンは対象外です。

単話売り

マガポケという公式のサービスがあります。

こちらで33巻の最後134話からの続きを購入する場合、135〜139話まで5話購入することになりますが、この記事執筆時点では136話は無料公開されており、4話購入で済みます。
それぞれ150pですので、600pの出費で最終話まで読むことができます。

【第135話】天と地の戦い
【第136話】心臓を捧げよ (現在 無料公開中)
【第137話】巨人
【第138話】長い夢
【第139話 最終話】あの丘の木に向かって

600pをゲットするには610pでの購入単位がちょうどよくて、支払金額は610円になります。これが33巻まで持っている人にとって、一番リーズナブルに完結まで最速で読む方法だと思います。

※ちょっとした注意点があります。マガポケはWeb版とアプリ版があるのですが、Web版で購入したポイントはWebでのみ使用できます。アプリ版で購入したポイントはアプリでのみ使用できます。どちらでポイントを買っても支払った後の本はどちらでも読めるようですが大量購入する場合などにご注意ください。

雑誌

進撃の巨人だけを読む場合には、マガポケが一番安いのですが、雑誌版にはたくさんの連載マンガも掲載されているのでこちらもお得です。

33巻の134話の続きを読むためには次の4冊を買えば良いです。

Kindle版を購入するのがすぐにダウンロードで読めるので便利ですね。

まとめ

最速、最安で進撃の巨人を読みたいなら、マガポケが良さそうです。610円の出費で済みそうです。

私はあとでKindle版のコミックでも購入予定ですので、今回はマガポケで最新話まで購入することにしました!


ポータブルなipad用スタンドのレビュー

なかなか良いものを購入できたので紹介。

ビデオ会議やオンライン英会話をモバイルでやりたい場合、タブレット(iPad)を使ってやりたいのですが目線を高くしないと、カメラが下から見上げるような構図になってしまいます。

そんなわけでタブレットスタンドが候補に上がるわけですが、スマホならともかく、タブレットは大きさや重さゆえにスタンド自体が大きくなりがちでモバイル向きではありません。折りたたみ式のスタンドもあるのですがスマホ主体でタブレットでは不安定だったり、タブレットの場合は縦置きではなく横置き推奨となっていることがあります。またせっかく高さを作って持ち上げても、タブレット自体の重さから支柱が支えきれずにだんだん下がってくることもあるようです。

そんな問題点を解決できないかと探していて試しに買ったこれがとても良かったのです。

解説にあった写真が日本語変ですが、これが謳うとおりで私が懸念していた問題をすべて解決していました。

大きめのタブレットを縦置きしても倒れない。

通常時はこんな感じで、スマホとかならこれでいいんですが、

足部分が伸ばせて、背板も伸縮できます。これがタブレット縦置きに役立ちます。縦置きでも倒れません。

あまりやらないと思いますが、これぐらいまで後ろに倒してもひっくり返りません。良いです。

後ろが伸ばせないときっとこうなります。伸縮させると、タブレット縦置きでも倒れないです。

耐荷重量も十分で、折りたたみ式

首の伸縮部分も引っかかり(階段ギザギザ設計)があるので、タブレットの重量にまけて縮んだりしませんでした。

モバイル向けでありながらしっかりと保持してくれるのは、家や会社でも便利そうなのでもっと欲しくなりました。


iPhone/iPadにUSB機器を接続するアダプタを試してみた

iPhoneのモバイルオンラインゲームなどで、やっぱりネットワークの速度が速いほうがいいのでは?速度というかpingやjitter的な反応速度がいいやつ。といったことを考えていたら、iOSデバイスも有線LANに繋げられるとなにかと便利かなと思いつき、調べたところLightning-USB3カメラアダプタ経由でUSBのLANアダプタが使えるようです。

当初の目的は有線LAN接続だったのですが、iOSにUSB機器が使えるとのことでこのアダプタに接続するUSB機器モロモロについて調べてみました。

この手のiOS製品アダプタは「純正が一番」というのが私の一貫した考えですが、純正セットとともに安価な類似製品も買って調べてみました。類似製品はレビューしたあと人に譲渡したりしてしまえばいいかなと。
 

Apple純正 Lighting – USB3 カメラアダプタ

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,749 (2021/04/21 07:26:50時点 Amazon調べ-詳細)

純正品では直接lANケーブルを接続するようなLightning-Ehternetのアダプタは存在せず、LightningからUSBに変換するアダプタを使用したあと、USBのlANアダプタを使用します。カメラアダプタという名前になっていますが、以前は接続できるUSB機器がカメラぐらいだったものが、iPadOSの登場とともに、いろんなUSB製品がiOSデバイスに接続できるようになりました!

有線LANに限らず、USBメモリ、キーボード、マウス、SDカードリーダーと接続可能な機器の幅が広がります。4000円以上するので結構高価なのですが、将来性もあるアダプタなので純正をオススメします。

USB2.0の古い型の純正品がありますが、USB3.0にしておいたほうがいいでしょう。

Anker USB 3.0 RJ45 ギガビットイーサネットアダプタ

これはApple純正Ethernetアダプタではないのですが、上記のカメラアダプタと使った場合にきちんと機能するということで定評があるようです。

USBのLANアダプタであればなんでもよさそうに見えますが このAnkerのものを使うのが絶対オススメします。

私はすでにUSB2.0の100MのLANアダプタ(BUFFALO LUA3-U2-ATX)を所持しており、それは使用できたのですが1000Mのものが欲しくなり適当に購入(LUA4-U3-AGTE)したところ 相性の問題かiOSで認識されませんでした。

ネットで検索したらLUA4-U3-AGTEは接続できないという情報がいくつか見つかるとともに、このAnker製のものが接続できたという情報があったのでこちらに切り替えました。パソコンでならともかくiOSではドライバが対応していないというのが結構あるみたいです。

非純正 Lightning – USB/RJ45のアダプタ

比較対象として、非純正のものとしてこちらを購入しました。 カメラアダプタとしての機能に加えてRJ45コネクタがありLANケーブルをを直接接続できるので、機能としてはAppleのカメラアダプタよりも有能っぽくみえます。コレ1つで有線LANにも接続できるしUSB機器も接続できるわけです。

しかも安い。Appleのカメラアダプタは4000円以上、AnkerのUSB-LANアダプタは2000円ぐらいで2つ合わせると6000円以上かかりますが、こちらの非純正アダプタひとつで済めば2000円以下です。

しかし普遍的な注意点があります。非純正なのはともかくこの製品はMFi認証のLighting製品ではないため、将来のiOSアップデートで使用できなくなる可能性があります。私の所持するLightning-VGAアダプタは7年経過しますがまだiOSのアップデートで使えてます。非純正のものは1,2アップデートで見捨てられると思います。(なんどもそういう経験してきた)

パッケージはApple製品っぽいパッケージで、Made for iPhoneっぽいロゴもありますがそうは書いてないです。

有線LAN接続を試す

有線LAN接続を試してみました。純正品+AnkerLANアダプタ、非純正+RJ45と、WiFiでネットワークについて比較してみました。まずはインターネットを使用せずにiperf3でLAN内での通信速度を測定してみました。

純正+Anker 非純正+RJ45 WiFi
248Mbps 95Mbps 174Mbps

非純正についているRJ45コネクタはギガビット対応していないようで100Mbpsが上限っぽいです。WiFiのほうが100Mbps以上出てるので、速度だけみるとWiFiのほうがマシですね。一方、純正カメラアダプタにつけたAnker製USB-LANアダプタはギガビット対応なので248Mbpsまで出ます。

やっぱり純正品のほうがいいな。と思ったのですが、非純正カメラアダプタにAnkerのアダプタをつけると、純正品と同等な速度が出ました。内蔵のRJ45コネクタが100Mなだけで、それであれば悲観する結果でもなさそうです。

iperf3ではレイテンシなどの測定はできないので、インターネット経由でのテストをした感じでは、有線LANのほうがping値などが良好でした。
(ただしインターネット経由のテストは外部要因が多くて、測定するたびに結果がガラリと変わるので有線の方が安定していいかな?ぐらいでした)

その他のUSB機器を接続して比較

その他のUSB機器もiPhone11, iPad Air3を対象に確認してみました。

純正Apple Lightning USB3アダプタ 非純正amatage製 Lightning RJ45 USBアダプタ 補足
iPhone11 iPad Air3 iPhone11 iPad Air3
有線LAN Anker USB 3.0 to Ethernet Adapter o o o o USB3.0 10/100/1000Mbps
BUFFALO LUA-U2-GT o o o o USB2.0 10/100Mbps
RJ45直結 N/A N/A o o 10/100Mbps
キーボード lenovo KU-1255 o o o o キーボードレイアウトはUSになる
マウス Logicool M545 o o o o iPhoneではポインタが最初表示されなかったアクセシビリティからAssistiveTouchをONにする
USB メモリスティック BUFFALO RUF3-K8GA-BK/N o o o o Fileアプリで確認
USB SDカードリーダ iBUFFALO BSCRSDXU2WH o o o o Fileアプリで確認
ゲームコントローラ XBox 360 コントローラ x x x x
USBマイク FIFINE K669B o o o o
USBヘッドセット ゼンハイザー PC 8 USB o o o o
USB Webカメラ Microsoft LifeCam HD-3000 x x x x 使えるアプリがなく不明
USBハブ o o o o マウスとキーボード接続
iPadへiPhoneを接続 N/A o N/A o iPadの写真アプリからiPhoneの写真読み取り
iPhoneへiPadを接続 o N/A o N/A iPhoneの写真アプリからiPadの写真読み取り

表を見るとわかりますが、ほとんど差はありませんでした。非純正は100Mbpsとはいえ、RJ45コネクタがあるのが利点ですしギガビットを使いたければ、純正と同じようにAnkerのUSBアダプタを使えばいいです。

純正はゲームコントローラもMFiコントローラの代わりに使えると思っていたのですが、こちらは純正も非純正もどちらも使えませんでした。(アプリに寄るかも)

現状の対応状況を見ると、安価な非純正のものでも十分価値はあるように思います。

ちょっと難点があるとしたら、純正アダプタはUSB端子の接続がきっちり収まる感じなのですが、非純正品の方は結構刺さりがあまい感じで気になります。

また、最初にも書いたようにiOSのアップグレードで使えなくなるというのは大いにあり得るのでそのへんは覚悟した上でなら非純正もありかなと思いました。