iPhone/iPadにUSB機器を接続するアダプタを試してみた

iPhoneのモバイルオンラインゲームなどで、やっぱりネットワークの速度が速いほうがいいのでは?速度というかpingやjitter的な反応速度がいいやつ。といったことを考えていたら、iOSデバイスも有線LANに繋げられるとなにかと便利かなと思いつき、調べたところLightning-USB3カメラアダプタ経由でUSBのLANアダプタが使えるようです。

当初の目的は有線LAN接続だったのですが、iOSにUSB機器が使えるとのことでこのアダプタに接続するUSB機器モロモロについて調べてみました。

この手のiOS製品アダプタは「純正が一番」というのが私の一貫した考えですが、純正セットとともに安価な類似製品も買って調べてみました。類似製品はレビューしたあと人に譲渡したりしてしまえばいいかなと。
 

Apple純正 Lighting – USB3 カメラアダプタ

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,749 (2020/10/28 06:20:28時点 Amazon調べ-詳細)

純正品では直接lANケーブルを接続するようなLightning-Ehternetのアダプタは存在せず、LightningからUSBに変換するアダプタを使用したあと、USBのlANアダプタを使用します。カメラアダプタという名前になっていますが、以前は接続できるUSB機器がカメラぐらいだったものが、iPadOSの登場とともに、いろんなUSB製品がiOSデバイスに接続できるようになりました!

有線LANに限らず、USBメモリ、キーボード、マウス、SDカードリーダーと接続可能な機器の幅が広がります。4000円以上するので結構高価なのですが、将来性もあるアダプタなので純正をオススメします。

USB2.0の古い型の純正品がありますが、USB3.0にしておいたほうがいいでしょう。

Anker USB 3.0 RJ45 ギガビットイーサネットアダプタ

これはApple純正Ethernetアダプタではないのですが、上記のカメラアダプタと使った場合にきちんと機能するということで定評があるようです。

USBのLANアダプタであればなんでもよさそうに見えますが このAnkerのものを使うのが絶対オススメします。

私はすでにUSB2.0の100MのLANアダプタ(BUFFALO LUA3-U2-ATX)を所持しており、それは使用できたのですが1000Mのものが欲しくなり適当に購入(LUA4-U3-AGTE)したところ 相性の問題かiOSで認識されませんでした。

ネットで検索したらLUA4-U3-AGTEは接続できないという情報がいくつか見つかるとともに、このAnker製のものが接続できたという情報があったのでこちらに切り替えました。パソコンでならともかくiOSではドライバが対応していないというのが結構あるみたいです。

非純正 Lightning – USB/RJ45のアダプタ

比較対象として、非純正のものとしてこちらを購入しました。 カメラアダプタとしての機能に加えてRJ45コネクタがありLANケーブルをを直接接続できるので、機能としてはAppleのカメラアダプタよりも有能っぽくみえます。コレ1つで有線LANにも接続できるしUSB機器も接続できるわけです。

しかも安い。Appleのカメラアダプタは4000円以上、AnkerのUSB-LANアダプタは2000円ぐらいで2つ合わせると6000円以上かかりますが、こちらの非純正アダプタひとつで済めば2000円以下です。

しかし普遍的な注意点があります。非純正なのはともかくこの製品はMFi認証のLighting製品ではないため、将来のiOSアップデートで使用できなくなる可能性があります。私の所持するLightning-VGAアダプタは7年経過しますがまだiOSのアップデートで使えてます。非純正のものは1,2アップデートで見捨てられると思います。(なんどもそういう経験してきた)

パッケージはApple製品っぽいパッケージで、Made for iPhoneっぽいロゴもありますがそうは書いてないです。

有線LAN接続を試す

有線LAN接続を試してみました。純正品+AnkerLANアダプタ、非純正+RJ45と、WiFiでネットワークについて比較してみました。まずはインターネットを使用せずにiperf3でLAN内での通信速度を測定してみました。

純正+Anker 非純正+RJ45 WiFi
248Mbps 95Mbps 174Mbps

非純正についているRJ45コネクタはギガビット対応していないようで100Mbpsが上限っぽいです。WiFiのほうが100Mbps以上出てるので、速度だけみるとWiFiのほうがマシですね。一方、純正カメラアダプタにつけたAnker製USB-LANアダプタはギガビット対応なので248Mbpsまで出ます。

やっぱり純正品のほうがいいな。と思ったのですが、非純正カメラアダプタにAnkerのアダプタをつけると、純正品と同等な速度が出ました。内蔵のRJ45コネクタが100Mなだけで、それであれば悲観する結果でもなさそうです。

iperf3ではレイテンシなどの測定はできないので、インターネット経由でのテストをした感じでは、有線LANのほうがping値などが良好でした。
(ただしインターネット経由のテストは外部要因が多くて、測定するたびに結果がガラリと変わるので有線の方が安定していいかな?ぐらいでした)

その他のUSB機器を接続して比較

その他のUSB機器もiPhone11, iPad Air3を対象に確認してみました。

純正Apple Lightning USB3アダプタ 非純正amatage製 Lightning RJ45 USBアダプタ 補足
iPhone11 iPad Air3 iPhone11 iPad Air3
有線LAN Anker USB 3.0 to Ethernet Adapter o o o o USB3.0 10/100/1000Mbps
BUFFALO LUA-U2-GT o o o o USB2.0 10/100Mbps
RJ45直結 N/A N/A o o 10/100Mbps
キーボード lenovo KU-1255 o o o o キーボードレイアウトはUSになる
マウス Logicool M545 o o o o iPhoneではポインタが最初表示されなかったアクセシビリティからAssistiveTouchをONにする
USB メモリスティック BUFFALO RUF3-K8GA-BK/N o o o o Fileアプリで確認
USB SDカードリーダ iBUFFALO BSCRSDXU2WH o o o o Fileアプリで確認
ゲームコントローラ XBox 360 コントローラ x x x x
USBマイク FIFINE K669B o o o o
USBヘッドセット ゼンハイザー PC 8 USB o o o o
USB Webカメラ Microsoft LifeCam HD-3000 x x x x 使えるアプリがなく不明
USBハブ o o o o マウスとキーボード接続
iPadへiPhoneを接続 N/A o N/A o iPadの写真アプリからiPhoneの写真読み取り
iPhoneへiPadを接続 o N/A o N/A iPhoneの写真アプリからiPadの写真読み取り

表を見るとわかりますが、ほとんど差はありませんでした。非純正は100Mbpsとはいえ、RJ45コネクタがあるのが利点ですしギガビットを使いたければ、純正と同じようにAnkerのUSBアダプタを使えばいいです。

純正はゲームコントローラもMFiコントローラの代わりに使えると思っていたのですが、こちらは純正も非純正もどちらも使えませんでした。(アプリに寄るかも)

現状の対応状況を見ると、安価な非純正のものでも十分価値はあるように思います。

ちょっと難点があるとしたら、純正アダプタはUSB端子の接続がきっちり収まる感じなのですが、非純正品の方は結構刺さりがあまい感じで気になります。

また、最初にも書いたようにiOSのアップグレードで使えなくなるというのは大いにあり得るのでそのへんは覚悟した上でなら非純正もありかなと思いました。


ヘッドセット代わりに使えて安価に入手できそうなもの

オンライン会議や、テレワークでヘッドセットやWebカメラの需要が高まり、なかなか入手しづらくなっているようです。

ノートパソコン本体や、Webカメラ自体にもマイクがあったりしますが、あまり入力できる音の品質は悪く反響した音が聞こえたりします。

そこでベストなのがマイク付きのヘッドセットです。口元から音を拾うので安価なものでもオンライン会議には十分な音声を届けることができるのですが、今はどこにも安価なものは売っていない!

そこで現時点でも比較的安価に購入できて、ヘッドセット代わりに使えるEarPods(3.5mmプラグ)をオススメします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥3,080 (2020/10/28 21:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

EarPodsはiPhoneに付属するマイク付きイヤフォンです。現在はiPhone購入時に付属するのはLightning端子になっていますが、それではなく3.5mmプラグのものを用意します。このイヤフォンはマイクもついているのでプラグが4極というものになっています。普通の音楽を聞くイヤフォンが3極でそれにマイク分がプラスされた4極です。

これをヘッドセット代わりに使うことで、安定した音声入力に使えます。これ有線接続なのは大事なことで安物のBluetoothヘッドセットは音の品質がよくありません。AirPods並の高品質のものを買うなら違うでしょうが、EarPodsの有線マイクは値段のわりに優秀です。なんだかんだ有線接続は安定性あります。音声入力のノイズキャンセリングはしてくれませんが、それでも必要な声を届ける機能は十分にあります。

EarPodsをパソコンに繋ぐ場合は、パソコン側の音声入力を確認してください。4極のミニプラグがついている場合はそのまま音声出力と、マイク入力が1本で接続できます。そうでない場合はだいたい緑とピンクの端子でマイクと音声入力が分かれていると思います。その場合には4極のプラグを3極2つに分岐するアダプタが必要になります。

これも需要が高まっているので早めに入手したほうが良さそうです。このアダプタを使用する場合は、iPhoneとの相性問題があるケースも見られるようなので、どの商品がいいかは調査中です。iPhoneで使えたという情報があればお待ちしてます。

こちらの商品は一応iPhone対応を謳っていますが、レビューでは使えた使えないというのが混在しているので調査中です。
2020/06/25追記:こちら試してみたところ、まったく使えないわけではないのですが、ノイズがひどくてとても使い物になりませんでした。使えたというコメントはアテにしないほうがいいと思います。

パソコンであればUSB接続ができるので、4極のイヤフォンマイクを、USBマイクに変換するアダプタもあります。

2020/06/25追記:こちらのUSB接続のものもiPhone用には非対応とのことです!(前は対応謳っていた気がする)


iPad プレゼン用のLightnng – HDMI アダプタを純正と格安品で比較してみた

iPad Airを買ってKeynoteなどのスライドをプロジェクターで表示したくてLightningコネクタからHDMI出力するアダプタを探しました。すでにLightning – VGAアダプタは持っていて、この手のは純正が一番なんだよな。と思っていたのですが、どうも純正Lightning-HDMIアダプタのレビューコメントの評判が悪いようです。それを検証するために純正と非純正の安いやつを購入して比べてみました。

比較したのはこちらの2つ。純正と非純正。純正が5000円以上する高価なものなのに対して、非純正のものはだいたい2000円くらいで似たようなのが出ているようです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,778 (2020/10/28 16:34:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,778 (2020/10/29 01:38:37時点 Amazon調べ-詳細)

結論からいうと純正アダプタはオンリーワン

先に結論から書くと、純正アダプタは唯一の存在です。

KeynoteやPowerPointで発表者ツールを使ってiPad側、外部ディスプレイ側で別々の画面を表示できるのは純正のみでした。
また、動画を表示する際にも、操作をiPad側で、再生を外部ディスプレイ側でと使い分けている点も純正のみです。

純正アダプタは電力供給は必須ではありませんが、非純正は電力供給は必須でした。
純正HDMIと純正VGAはほぼ同等の機能で、HDMIのほうは音声も出力されます。また解像度がVGAのほうが悪いです。

発表者ツールとは?

KeynoteやPowerPointなどのプレゼンツールにある機能です。発表者が使用する画面とプロジェクターで表示する画面の2つがありますが、発表者が使用する手元の画面では、ノートなどのカンペや発表時間を表示しつつ、プロジェクターにはスライドを全面表示できます。


プレゼンのときには便利な機能で使っている方も多いと思います。これを使用するためには、プレゼンツールのソフトウェアが2つの画面を別々に認識し、片方にプレゼンスライド、もう一方に発表者用画面を表示するという処理が必要になります。つまりプレゼンツール側がきちんと外部ディスプレイを認識してくれないと使えない機能です。 単なるミラーリング機能では使えないのがポイントです。

この機能で純正と非純正では大きな差が出ています。

iPad Air 第3世代 2019 で比較

iPad Airにおいての比較です。

重要な点は、プレゼン系のアプリでの発表者ツールは、純正しか使用できません。これを利用したい場合は純正にするのが良いです。

逆にプレゼンはミラーリングで構わないというひとには、非純正のものでも十分プレゼンは可能です。

動画再生に置いても純正のほうがきちんと動作しました。動画そのものは外部ディスプレイ上で全画面で表示され、通知や再生コントロールなどは表示されません。
非純正の場合はミラーリングなので、画面上に映るものがすべて外部ディスプレイにも表示されます。

非純正ではNetflixやPrime Videoなどの有料コンテンツものは、再生すらできません(仕様通り)が、純正ではYoutubeと同じように再生可能です。

iPhone7 で比較

ついでにiPhone7でも比較してみました。ほとんどiPadと同じ結果です。

非純正でもiPhone7の場合には、純正HDMIと同様に再生されました。なんで?

また純正VGAでNetflix動画が再生できませんでした。これは一見正常に動きそうなのですが、なんどやっても映像だけが表示されませんでした。

それ以外は解像度の違いは有るものの、iPadと同じような結果になっています。

まとめ

非純正のLightning – HDMIアダプタは安いのですが、純正と比べると相応の機能の差があります。

しかし、利用者によっては発表者ツールの必要性はない人も多いですし、安いなりに十分価値はあると思います。

私が純正のLightning-VGAを購入したのは2013年のことで、これがまだiPadからVGAのプロジェクターにつなぐために現役で使えているのは、純正ゆえの安定性だからだと思います。iPhone5時代からiOSアップデートを経ても未だに使えている信頼性があります。非純正はiOSのアップデートに伴って使えなくなる可能性が大いにあります。

そのため、少々高いですが、純正Lightning-HDMIを購入するのが安心だと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,778 (2020/10/28 16:34:09時点 Amazon調べ-詳細)