TDDBC 長岡に参加してきました

TDDBC長岡の第2回めに参加してきました。今回は懇親会の準備でビアバッシュの提供をお手伝いするという形で協力し、せっかくだからとTDDとペアプログラミングを体験するために本編にも参加させていただきました。

感想

私はPythonを選択して参加しました。ペアはmohiraraさんで、すでに何回かTDDBCに参加経験もあり、日常でもペアプログラミングをしているという方で、そのおかげで進行はグイグイmohiraraさんにひっぱっていってもらいとても助かりました。

二人ともIDEとしてPyCharmを使うという点は共通だったものの、私はVimプラグイン・Eclipseキーバインド・JISキーボードで、mohiraraさんは標準キーバインドでUSキーボードということで、「どうするどうする?」みたいになりました。

mohiraraさんがこんなこともあろうかと、Bluetoothキーボードを持参していたので、私のPCで、Vimプラグインは外してやるあたりを妥協点として開始しました。

ToDoリストを共有して、作業の流れを確認しつつ、自分がなにをしようとしているかを話しながらコードを書くのは新鮮でした。

「ペアプログラミングは休むタイミングがなくなるから、ちゃんと時間で区切って休みましょう」と案内があったとおり、自分のタイミングで脳を休めることができなくて、とても疲れました。

テストのGreenを維持しながら、コードをリファクタリングしていくやり方に納得感を感じながらTDDのサイクルを回すことができたと感じております。

普段はテストファーストとは言えませんが、テストは書きつつ、テストでグリーンを保ちながら改変するという行動をしていました。先にテストを書いて、使う側からの視点で考えるということも参考になりました。

mohiraraさんはPyCharmの機能をふんだんに使いながらリファクタリングしていました。わたしもJavaでEclipseを使っていた頃には、強力なリファクタリング機能を頼りに修正していたのですが、Pythonを使うようになってから静的な型のしばりが弱くなってリファクタリング機能が遅いとかイマイチに感じてしまい、vimの編集機能でガツガツ直してしまうことが多くなってしまいました。
ペアプログラミングの最中には、「それはXXキーですぐにできます。デフォルトキーバインドでは」とかたくさんアドバイスをもらいました。そこから機能を推測し、「Eclipseでいうところのキーかな?」みたいな翻訳作業をしながら使うことができました。PyCharmの機能やショートカットキーをガンガン使えるように訓練すべきだと思いました。

Eclipseキーバインドにもこだわりがあるわけではなく、Eclipseからの移行時にすんなり使えて嬉しかったからつかっていたまでで、あらためて標準のキーバインドで訓練し直そうかとも思いました。

復習しよう!洋書Kindle版ゲーム・オブ・スローンズが安い!

ゲーム・オブ・スローンズのS8が4/15からということでソワソワしています。

ですが、もうS7までのストーリー忘れているのではないでしょうか?私は復習のために昨年末からシーズン1から始めて見直しています。

白鳳だって復習しているんですから、見る暇がないとは言っていられませんね。

小説版で復習するのも、ドラマには描かれていない深い描写を知ることができます。

私は最近、英語学習にハマっているのですが、その一環として洋書版ゲーム・オブ・スローンズ「A Song of Ice and Fire」5巻セットを買ってしまいました。

これ5巻セットなんですが、Kindle版は半額以下の1700円でした!

小説版はドラマ版に追い越されていますし、すこし話が違う場面もあるのですが、原作のセリフなんかを確認できるので楽しいです。

まともに読もうとすると英語力が必要になるのですが、ドラマで気になった点を「原作ではどうなのかな?」とか確認する調べものとして使ってもいいじゃないですか。

狼潜り(Warg)の描写なんかは、ドラマよりも詳細ですしダイアウルフ目線描写も新鮮です。

第58回 長岡IT開発者勉強会に参加してきました #nds58

今年最後のNDSに参加・発表・運営してきました!

今回は報告会というテーマだったのでそれほど技術的な話は出ず、「私はこんなことをやったよ」という報告がたくさん聞けました。
こういうテーマだからなるべく皆さんに話してもらいたいという気持ちで発表時間短めにたくさんの発表を詰め込みました。

みなさんの発表

たくさんアウトプットされている人たちばかりで刺激を受けます。たくさんのコミュニティ運営に関わっているkasacchifulさんはすごく尊敬します。わたはNDSでいっぱいいっぱいなのによくそんなにたくさん参加できるなーと毎回驚かされます。

kai_popさんのテルミンのデモも面白かったです。音がでるなぁというのは予想していたのですが、距離で音を変える。滑らかな変化になるように工夫しているあたりも面白かったです。

転職・働き方・アルバイト(インターン?)経験の話もみな楽しい体験をされていて羨ましかったです。光属性すぎて闇を抱えている私から眩しかったですよ。

IT系以外でも交流のあるicoroさんの発表も面白かったです。こういう発表もどんどんNDSでしてもらいたいです。

自分の発表

私は、前回の発表「オンライン英会話ビジネス史」からChrome拡張を作ったという技術的な部分を掘り下げて発表しました。

ブラウザ側でスクレイピングするというのも、ブックマークレット的な使い方で便利で便利であり、ユーザーログインが必要なサイトでも比較的かんたんにデータ収集を実現できるので、よいのではないか?という提案です。

けっこうギリギリで資料作成したので、あまり内容を練っていないのですが、時間通りに発表ができてよかったです。

懇親会

当初は3人しか集まっていなくて、店に「20人くらいになるので広い部屋予約させてください!」って頼んだの謝らなきゃいけないと焦っていたのですが、無事みなさんのご協力により19人の参加になりました。これぐらいなら面目が立ちます。

様子です。

瓶ビールスタートで「うわっ面倒」って思ったのですが、すぐに地酒飲み放題モードに入ってしまいました。

若者には、「ぼく、こういう瓶ビールでお酌するの初めてやりました!」とか言ってました。

料理もありがちなメニューが出てるかなと思っていたらどんどん出てきて、残ってしまいましたもったいない。

ひさびさの wokamoto さんにもお会いできたし、私がNDSを初めたきっかけになった itagakim さんにも来ていただいて、忘年会であり、懐かしい方々にも会えた同窓会みたいな気持ちにもなりました。