Ubuntu8.04は手軽にインストールできる

デスクトップLinuxはUbuntuが一番だと思っているのですが、まだメイン使いはWindowsです。

Windowsを使いつつ、Ubuntuを少しずつ使っていこうと考えたときに、ぜひ試して欲しいのが、Ubuntu8.04のwubiを使ったインストールです。
インストール用のisoファイルをダウンロードしてWindows上でCDを投入すると、Windows上からインストーラが起動し、特定のドライブにubuntuフォルダを作成しそこにインストールしてくれます。
デュアルブート環境を構築できるのですがパーティションの変更なく、Windowsフォルダ上にディスクイメージファイルのようなものを作るので、アンインストールもできるようになっています。既存のWindows環境に影響なくインストールできるので安心して利用できそうです。

CD投入時に自動起動するメニュー
メニュー

GUIでインストール内容を決定します
インストール設定

CD自体のチェックサムを算出し、正しくダウンロードできているかチェックします。駄目な場合はダウンロードするようです。
チェックサム計算

最後に指定したドライブのubuntuフォルダにイメージファイルを作成します。このイメージファイル内でubuntuが動作します。
イメージファイル作成

イメージファイルの作成が完了しました。これでインストールが完了したわけではなく、このあとUbuntuを起動して実際のインストールが行われます。再起動すると、ブートローダの画面でWindowsかUbuntuのどちらを起動するかのメニューが表示されます。
インストール完了

UbuntuはWindows上のubuntuフォルダ内にインストールされているので、通常のアプリケーションと同じようにアンインストールできます。
そのときにブートローダも復元してくれるので安心です。

最初、ダウンロードしたISOイメージが壊れていたせいで、このような現象に遭遇しました。
wubiからインストールすると、インストールファイルのダウンロードをし始めてしまい、「なんでCDイメージあるのにまたダウンロードするんだ?」と諦め、通常どおりCDからインストールを行うとBusyBox~といったメッセージでインストールが停止してしまいました。
md5sumが合っていなかったことからイメージの再ダウンロードを行い、wubiでもちゃんと動作することを確認できました。

Ubuntuではじめる Linuxパソコン
Ubuntuではじめる Linuxパソコン
ネットやメール使いがメインなら無料のUbuntuでもいいのでは?


Ubuntu8.04は手軽にインストールできる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Casino 1250191688

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)