Listを使ったActionFormのシンプルなサンプル

以前、「StrutsでListや配列のActionFormを使用する」という記事を書いたのですが、ちょっと煩雑に書いてしまったので、もっとシンプルなサンプルプログラムを作成してみました。

入力画面はこんな感じ
入力画面

表示する画面はこんな感じ
表示画面

サンプルプログラムは、こちらでダウンロードできます。
Listを使ったActionFormのサンプルコード

[2007/06/06追記]
もっと簡単なサンプル「LazyListを使うともっと楽だった」も参照してください。JSTLを使わず、Strutsカスタムタグでの実装も提供しています。


Listを使ったActionFormのシンプルなサンプル」への3件のフィードバック

  1. 今までは繰り返しの入力フィールドがある場合に、配列を使用していました。
    List型でも出来るということは知っていたのですが、どの様に作成するのかよく分かりませんでした。
    このサンプルはかなり分かりやすいですね。
    これからはList型で作ろうと思います。

  2. コメントありがとうございます。
    これからもわかりやすいサンプルを提供していきたいと思います。

  3. ピンバック: civic site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)