ヘッドセット代わりに使えて安価に入手できそうなもの

オンライン会議や、テレワークでヘッドセットやWebカメラの需要が高まり、なかなか入手しづらくなっているようです。

ノートパソコン本体や、Webカメラ自体にもマイクがあったりしますが、あまり入力できる音の品質は悪く反響した音が聞こえたりします。

そこでベストなのがマイク付きのヘッドセットです。口元から音を拾うので安価なものでもオンライン会議には十分な音声を届けることができるのですが、今はどこにも安価なものは売っていない!

そこで現時点でも比較的安価に購入できて、ヘッドセット代わりに使えるEarPods(3.5mmプラグ)をオススメします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,945 (2020/05/25 20:23:24時点 Amazon調べ-詳細)

EarPodsはiPhoneに付属するマイク付きイヤフォンです。現在はiPhone購入時に付属するのはLightning端子になっていますが、それではなく3.5mmプラグのものを用意します。このイヤフォンはマイクもついているのでプラグが4極というものになっています。普通の音楽を聞くイヤフォンが3極でそれにマイク分がプラスされた4極です。

これをヘッドセット代わりに使うことで、安定した音声入力に使えます。これ有線接続なのは大事なことで安物のBluetoothヘッドセットは音の品質がよくありません。AirPods並の高品質のものを買うなら違うでしょうが、EarPodsの有線マイクは値段のわりに優秀です。なんだかんだ有線接続は安定性あります。音声入力のノイズキャンセリングはしてくれませんが、それでも必要な声を届ける機能は十分にあります。

EarPodsをパソコンに繋ぐ場合は、パソコン側の音声入力を確認してください。4極のミニプラグがついている場合はそのまま音声出力と、マイク入力が1本で接続できます。そうでない場合はだいたい緑とピンクの端子でマイクと音声入力が分かれていると思います。その場合には4極のプラグを3極2つに分岐するアダプタが必要になります。

これも需要が高まっているので早めに入手したほうが良さそうです。このアダプタを使用する場合は、iPhoneとの相性問題があるケースも見られるようなので、どの商品がいいかは調査中です。iPhoneで使えたという情報があればお待ちしてます。

こちらの商品は一応iPhone対応を謳っていますが、レビューでは使えた使えないというのが混在しているので調査中です。

パソコンであればUSB接続ができるので、4極のイヤフォンマイクを、USBマイクに変換するアダプタもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください