WH-1000XM2を買った

最近、聴覚過敏ぎみというか音にすごくストレスを感じるようになって職場での電話会話音(電話のときだけ以上に大声で話すタイプ)とかがつらいのでノイズキャンセリングヘッドフォンを買いました。

ノイズキャンセリングの性能的には最高っぽい評価だったのとストレスでムシャクシャしていたので、高かったけど思い切って購入。

かなり高くて3万円以上するのですが結構値段の変動があるようです。わたしは最初39,000円くらいでYahoo!ショッピングの某店で購入したのですが、納期が1ヶ月以上かかるってことでしばらく待っていたらAmazon直販で31,818円販売していたのでキャンセルしてAmazonで購入しなおしました。即納されたし結果的に良かったです。いまでも大手家電量販店だと4万円くらいしますし、小さい店だと3万円台前半で出てます。ときどき出るAmazon直販で買うのが一番安そうです。

使ってみた評価としては、とても静音に感じられて最高です。電話会話音もほとんど聞こえなくなりました。音楽ならさないと静かすぎて耳鳴りしてきそうです。

そんなにノイズキャンセリングすると話しかけられても気づかないのでは?と思いますが確かに音だけではほとんど気づきません。

なんか話しかけている様子が分かれば、右手をヘッドフォンにあてれば、クイックアテンションモードという機能で一時的にノイズキャンセリングがオフになってめっちゃ外の声が聞こえるようになります。

これ特定の音域だけ強調するのでやけに聞こえるようになるんですよね。ヘッドフォンなしでは雑音で聞こえないような遠くの会話が聞こえるようになる。

ワイヤレスでも30時間持つのもありがたいです。会社ではワイヤレスを使いたいのですが、仕事時間+通勤時間を考えるとイヤフォンタイプでは心もとないのもあり、30時間もあれば余裕です。

残念なのはやっぱりヘッドフォンなので頭が疲れてきますし、耳周辺も蒸れてくるのでたまにイヤフォンに切り替えたりしてます。

話しかけれても全然気づかないのさすがに失礼だとおもったので、ATMとかにある広角なプラバシーミラーみたいなの買って机の前に貼りました。背後に立たれても気づいてパソコンが捗ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)