Kindle買ってみた

せっかくアメリカに行ったので、Kindle買ってきました。

Kindleは日本からでもAmazon.comにアカウント作って送料払って買う事もできますが、日本から購入できるのはインターナショナル版という広告なしのモデルです。インターナショナル版は広告がない代わりに若干高いもので$109になります。日本からAmazon.comでKindleを買う場合はこちらからになります。

一方、アメリカ国内では、$79で広告つきモデルが売ってます。$79といえば$1=¥80としても、6,320円という安さです。安いですよね~。


こんな感じで広告が表示されます。

日本でもKindleが近々発売されるようなのですが、これと同モデルになるのか?日本向けにカスタマイズされるのか?まだ謎です。日本向けモデルが出て現在のKindleが入手困難になる前に、広告つきモデルをゲットしてきました!

Kindleの入手

Kindleの入手はAmazonで購入する事もできるのですが、米国内ではAmazonと提携した量販店でも販売しています。具体的にはBestBuy, Targetなどで購入できます。

私が来店したTargetではKindle4 3G、Kindle touch, Kindle Fireはあったのですが、私の希望の$79のKindle Wi-Fiは在庫なしでした。BestBuyで発見できたので購入しました。

米国ではKindle向けのカバーなどがすごくたくさん売っていました。ですがその大半はKindle Fireでした。e-ink端末も販売し続けて欲しいものです。

日本からAmazon.com(co.jpでなくcomになります)で買う場合はこちらから。

Kindleの利用

Kindleのよさはその軽さとe-inkによる長時間バッテリー利用です!タブレットしか持った事がない人は、一度持ってみるとその軽さに驚くと思います。携帯よりも軽いですから。そしてバッテリーは数週間持続できるので、安心して使えます。

Kindleは電子書籍リーダーとしての使い方もいいのですが、私はちょっとした資料読み、メモ読みくらいで使っていきたいです。何といってもKindleは超軽い!紙の資料をペラっと持つ感覚で、Kindleを持ち歩きます。「タブレットよりもお手軽に」を目的としています。

Web上のサービスではKindle連携するサービスがいくつかあります。Web上でブックマークする事で読みやすい形でKindleに配信され、電車やバスでの移動中に軽く読む事ができます。
InstapaperやReadabilityがそういったサービスを提供していますし、自分でメール送信からでもKindle送信できます。

このあたりのサービスについてはまだ私も使い方を確立できてないので、これから色々と試していきます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)