IBM Symphonyを使ってみた

StarSuiteの記事に対して、うっちゃんさんから情報を頂きました。ありがとうございます。

IBM Symphonyは選択肢には入りませんか?
まだbeta4みたいですが・・・

さっそく試してみました。
ダウンロード・インストールは、IBMのダウンロード用アカウント(無料)が必要になります。英語ページなので慣れていない人にはわかりにくいダウンロードだと思います。ファイルのダウンロードもブラウザの機能ではなく、Javaアプレットを使用した独自ダウンロードツールを使ってダウンロードします。
ibm-symphony.png

なんと英語しかないと思いきや、日本語の言語ファイルも存在していて日本語化できそうです。
あっさりインストール完了。
ibm-symphony2.png
IBM Symphonyの最大の特徴はタブブラウザのように動作することです。デザインも凝っていてStarSuiteよりもかっこいい。右側のサイドバーに書式情報なんかが表示されるのは、Office2007のリボンを彷彿させます。
PDFへのエクスポートもできます。見出し→しおり機能もついています。意外と使える。
シンプルでかっこいいデザインなんだけど、MS Officeに似てないので機能を使うのはちょっと戸惑います。

インストールされたファイルを調べてみるとEclipseが入っています。EclipseのRCP(Rich Client Platform)で実装されているようです。内部にJREも同梱されているのですが、Javaアプリケーションとはまったく気づかないです。RCPってここまでできると関心しました。Office機能のベースはOpen Officeを使用しているようです。
Open OfficeベースのOfficeソフトは、派生が増えて全部がバラバラに成長しちゃったりしないのだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)