ajax:htmlContent(サンプル)

JSP

...
${emp.ename}

...


この例では、指定した「スタイルシートクラス名」に対して、イベント設定しています。
contentLinkという「スタイルシートクラス名」を指定したタグについて、htmlContentタグの動作が設定されます。
Ajax通信するURLは、HtmlContent_post.jspです。パラメータは、email=???という形でリクエストされます。
???の部分は、予約語「ajaxParameter」を使っているので、タグ内のコンテンツ、つまりはenameが送られます。
(本来であれば、empnoを送りたいのですが、やり方不明)

Ajaxで呼び出されるJSP


<% //リクエストされた社員の詳細情報を取得 QueryRunner runner = new QueryRunner((DataSource)request.getAttribute("datasource")); MapHandler handler = new MapHandler(); request.setAttribute("emp", runner.query( "SELECT * FROM emp WHERE ename = ?", request.getParameter("ename"), handler)); %>
...

EMPNO: ${emp.empno } ENAME: ${emp.ename }

...

enameがパラメータとして呼び出されるので、それを条件にDB検索をしています。
DBアクセスの部分は、ajax:htmlContentの内容とは関係ないです。

サンプルプログラム(ソースつき)

データはHSQLDBから検索しています。インプロセスで動作するWebアプリケーションとして作成したので、webappsフォルダに放り込めば、すぐに動作確認できます。


http://localhost:8080/AjaxTagLibStudy/のようにアクセスすれば、各サンプルが実行できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください