iPhone手袋を作成しました!

「導電糸を使って、毛糸の手袋に細工すれば手袋したままiPhoneが利用可能になる」との記事を読んだので早速ネットで購入して作ってみました!
ちなみに裁縫は小学校の家庭科でやって以来です。


導電糸の購入先は、「共立エレショップ」定形外で送ってくれるので送料リーズナブルです。


手袋はサンキで買った安物500円ぐらいだった。(サンキってローカルネタなんで、知らないかもしれませんが、しまむらみたいなもんです)


手袋を裏返して指のクリック位置にバッテンを作るように縫い合わせる。すこしコシのある糸なので結んでもほどけやすい。すこし糸を残して縛らないとダメだった。


こんな感じ。

実際に使ってみると、ちゃんとタッチ操作できます。
厚手の手袋だったが薄めのほうが良いかも。あと縫い付ける位置はよくチェックして縫い合わせた方が良い。意外と指の中心ではクリックしてなかったです。
綺麗に縫い付けようと、少しだけにしたらタッチ操作ができませんでした。更に縫い付け料を増やしたところ、タッチできるようになりました。
指先にこの糸で作られた突起ができるような縫い方ができればイイと思うのですが、裁縫上手な人教えて下さい!

ちなみにこれを作った当日に飲み会に行って、手袋かたっぽ無くしました! (細工してない方だけど、かたっぽだけあっても使えない)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)