Apache Derbyについて

先日、HSQLDBを使ったインメモリでの動作を調べているときに、Derbyについても興味を持ったので、すこしまとめて見ます。

Apache Derbyは、”Java DB”という形で、Java SE 6に組み込まれるそうです。
Javaには、標準DBが搭載されるようになるわけです。これはもっと前から「あればいいのに。」と思っていたことなので便利になったものです。

組み込みモードで動作させれば、AccessのMDB風にローカルファイルシステムにデータベースを保存できるので、勉強やクライアントアプリケーションには便利です。(ファイル1つですめば、もっとお手軽なんですが)
サーバーモードは普通のDBみたいに、ネットワークを使って接続するタイプです。
一般的なDBサーバのように同時接続する場合にはこちらを使います。サーバーモードであってもインストールはお手軽なので、簡易的なWebシステムなんかでは、採用の価値があるDBかと思います。

HSQLDBも同じように組み込みDB、サーバーモードがありますが、トランザクションや排他的なロックをサポートしている点が違います。(ACID特性)

Apache Derbryについて書かれてあるサイトをまとめます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)