typing.io-_001
タイピング矯正生活始めました

最近、キーボード熱が高まったところなんですが、キーボードという道具以前に自分のタイピングスキルに問題はないのか?って疑問が湧いて来ました。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)はできるものの、正しいキーでタッチしているか?と問われるとはっきり言って自身がありません。
とくに右側の小指で入力するキーのあたりは、右側小指の担当がすごく多いのですが、ちょっと右にずらして中指、薬指でタッチしていることが多いことに気づきました。

正しい指でタッチタイピングすることは、箸を正しくもつ。筆順を正しく漢字を書く。と同じように美しいタイピングのための作法ではないでしょうか?

自問自答してみましょう。(日本語キー配列)

  • 「0(ゼロ)」のタイプ方法→正しくは右手小指で0
  • 「=(イコール)」のタイプ方法→正しくは左小指でShift押しながら右手小指で=
  • 「A(大文字のA)」のタイプ方法→正しくは右小指でShift押しながら左手小指でA

私は=、ーのあたりは日本語入力でも長音としてよく使うのですが、小指であるべきのキーを、ホームポジションを崩して薬指で押すことが多いです。
やはり右小指が苦手ですね。。。

最後の大文字Aのように右手Shiftを使うパターンは、ホームポジションを崩して、左手小指でShiftを押しながら薬指でAを押す人も多いと思います。私もそうです。左手Shiftは近いからこれぐらいは許して欲しいなぁなんて思います。。。

タイピングを練習するのに、ネット上でタイピング練習するソフトはたくさんあるのですが、日本語や英語のタイピング練習だとプログラムコード向けには頻繁に使うキーが違います。
英文だけでなく、プログラムコードは記号も多用するのでプログラムコードで学んだほうがいいんです。

プログラムコードで練習できるサイトがありました。
typing.io-_001
Typing Practice for Programmers | typing.io

日本文や英文ではなく、実際のプログラムコードを様々な言語ごとに練習できるので、プログラマーのタイピング練習には最適だと思います。
範囲を選択_002
こんな感じでいろんな言語を入力分として練習できます。

私はとりあえずの目標として、unproductive keystrokes(間違い率)を5%以下、wpm(一分間あたりの入力単語数=つまりスピード)を33以上を目指してみています。この2つの指標は割合なので、問題や言語に関係なく比較できる数値です、この2つの数値に注目して練習してみようと思います。

それでは、快適なタッチタイピング生活を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)