PathToolsモジュール イイ感じ

NetBeansにプラグインポータルなどいうものがあって、プラグインが公開されているって初めて知った。
参考サイト:参考:Masaki Katakai’s Weblog:NetBeans プラグインポータル

色々なプラグインを導入して、NetBeansを使いやすくしていこう!!

この機能があればNetBeansも便利なのに と思う機能

Eclipseでは「パッケージエクスプローラー」に 、Windowsのエクスプローラからファイルをドロップするとそのフォルダにファイルをコピーしてくれます。これ細かいところですがすごく便利。エクスプローラでワークスペースのフォルダを開いて、ファイルをコピーして、更新とかする必要ないんです。

NetBeansには同様の機能がないので、残念ながら、上記のような操作をしなければならないのですが、プロジェクトのフォルダを開くのが面倒なんです。それを楽ちんにするプラグインがこれPathToolsプラグイン

プロジェクトウィンドウ上からファイルを選択してボタンを押すだけで機能します。
copy選択したファイルのフルパスをクリップボードにコピーします。
エクスプローラー選択したファイルが格納されたフォルダ(もしくは選択したフォルダ)をエクスプローラーで開きます
コマンドプロンプト選択したファイルが格納されたフォルダ(もしくは選択したフォルダ)でコマンドプロンプトを開きます。
編集選択したファイルを編集します。デフォルトはnotepadで開く。

シンプルで分かりやすいですね。前述のファイルコピー操作をしたい場合は、 エクスプローラーでフォルダを開いて、そこにファイルをコピーすればOKです。ずいぶん楽になりました。

編集ボタンがnotepadで開くのはイマイチです。ファイルに関連付けられたアプリケーションで開くには、オプション設定で起動するコマンドを変えてしまえば関連付けられたファイルで開くことができます。

Edit CommandsのFor Fileは、「cmd /C start notepad “{path}”」となっていますが、notepadの部分を消してしまえば関連付けられたアプリケーションで開くことができます。関連付けがない場合は、アプリケーションの選択ダイアログが表示されます。

NetBeansのモジュールって結構面白そうだなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)