15365759649_58b7105a55
iPhone6の曲面を考慮したフィルムを比較・検討してみた

iPhone6, 6plusになってから、前面ガラスが丸みを帯びて曲面になりました。これはこれで良いデザインなのですが、落として割るのを防止するためにフィルムを使っているユーザにとっては、この曲面がクセモノです。

両端が曲面になっているため、今までのガラスフィルムと同じように端から端まで覆うと、曲面の部分で浮いてしまうことになります。

curved-glass
※イメージ図は極端に誇張しています

そんなわけで、iPhone6発売当初に出てきたフィルムはみな平面部分しか覆わないようなフィルムが主流でした。

curved-glass2

フィルムがガラス面すべてを覆えないのは物理的に難しいようで仕方ないようなのですが、商品によっては曲面を避けるがあまりに、液晶部分までも覆えないものもあるようです。

curved-glass3

画像は説明のために極端に描いてます、ここまでひどくはないのですが、液晶の内側にフィルムの端がくるのは見た目にもろに影響するので酷いです。ちゃんと液晶の端まで覆って欲しいところなのですが、曲面を避けつつ液晶面をすべて覆うというのは高い精度が必要なようでなんとかギリギリ液晶を覆うというのが精一杯のようです。

幅ギリギリを攻めてるタイプ

なので、端が切れるといってもどれぐらいのレベルで切れるのかは重要みたいです。ネット情報によるとこのあたりの商品は幅ギリギリを攻めているタイプのようです。

私はこちらのフィルムを一つチョイスして、妻用のiPhoneに貼りました。曲面部分があくというのをわかった上で液晶部分はぴったりカバーできる感じでした。値段の割にサイズ感は良かったです。

他にダイソーの100円のフィルムが意外とサイズ感ピッタリなそうなので、とりあえずのツナギとして使うのも良さそうです。

daiso

ここまでは今までのフィルム作成技術の延長で「なるべく幅を広く、でも曲面にはかからないように」という精度向上で乗り切るタイプです。従来からの技術なのでフィルム自体の品質は変わらず安心できそうです。

曲面まで覆うタイプ

そして、iPhone6の曲面に対応させるために新たなテクノロジーで立ち向かうフィルム勢も出てきました!

1つはすでにいろんなiPhone6用フィルムを発売しているラスタバナナ製の曲面対応フィルムです!このフィルムが曲面に対応するための技術は、外側の枠までフィルム側に保持して曲面部分の隙間を埋めるというアイディアで実現しています。

curved-glass4

フィルムを曲げて綺麗に貼るのは難しいため、フィルムの下の隙間を埋めることでガラスの端をよりギリギリまで攻めています。色付きの枠がフィルムに付いているのでフィルムなのに白ベゼル用と黒ベゼル用に分かれています。間違わないように注意してください。

これ実際に買って貼ってみました。たしかにガラスのフチまで綺麗に貼れます。上の近接センサー、照度センサー(かな?)の2つの穴までくり抜きでカバーしているフィルムはなかったです。

ボタン部分も下部が切れずに円形のくり抜きになっていますね。素晴らしい。

ただ自身で枠をもっているため、浮いているかどうかすら見えなくなってるだけでは?という気もします。「浮かないようになったフィルム」なのか、「浮いてても見えないフィルム」なのか疑問です。

注意点としては、このような構造のために比較的、厚みがあります。ガラス割れ防止のためにはいいことですが、ぴったり系のハードケースとは干渉する可能性があります。ご注意を。

フィルムを極限まで薄くしたタイプ

もう1つは、フィルムの老舗メーカービザビの「OverLay Brilliant for iPhone 6 極薄保護シート(上級者向け)」です。

これはフィルムを極限まで薄くして、ある程度までカーブに追従するように改良したフィルムだそうです。そのせいで貼り方の難易度が上がり上級者向けとなっています。保護フィルムを何度も貼ってきた私としては挑戦してみたくなりますが買ってません。

極薄フィルムにすることで、曲面のギリギリまで追従できるみたいです。ただ前述のラスタバナナほどは覆えてないようです(ホームボタンとか)。

また薄くなったせいで耐久性も落ちているそうで、なにか実験的な商品の感じもありますね。

まとめ

私が貼ってみた感じではラスタバナナの曲面対応のものが貼ったあとがとても綺麗です。ただこういったニューテクノロジー系は今までなかった新しい問題が出てきたりするので、そのへんは覚悟してないとです。フィルム自体の滑り具合について不満がある人も多いようです。

隙間を気にしないのであれば、幅ギリギリを攻めてる系がいいのかもしれませんね。

それと、iPhone6のスペースグレイに関してはガラス曲面部分に微妙な個体差があるらしいです。
iPhone 6用保護ガラス 幅を迫れない原因は画面形状の著しい個体差だった – 週アスPLUS
なんでスペースグレイだけが個体差あるのかは供給の違いがあったのかもしれませんが、不具合といえないまでの品質でばらつきがあるせいで、フィルムメーカーは困っているみたいです。

スペースグレイの方は個体差にも注意したほうがよさそうです。

それでは、快適なフィルムライフを!

追記(2014/11/03):

このあとガラスフィルムを購入してみました。
iPhone6でガラスフィルムを購入してみた


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)