iMac mid 2011 21.5インチにSSDを増設したった

iMacを分解してSSDを増設しました。mid 2011のiMacはなぜか温度センサーがケーブルに入っている特殊仕様らしくてHDDなどを交換できないみたいです。いや交換はできるのですが温度センサーの情報が取得できないのでファンがフル回転してしまうため別途ファンコントローラーなどのソフト制御が必要になるとか。なんなんひどい。

でも元々のHDDを残したままの”増設”であれば問題ないという情報があったので、いざとなったらファンコントローラーも導入するぐらいのつもりで、増設にチャレンジしました。
iMacの分解はボードを剥がすところまでいくのでかなり難易度が高いです。挫折しそうになりました。

電源の問題

増設であっても問題があって、増設したSSDのSATA電源をボードから直接取得するには特殊なケーブルが必要になるとのこと。割高な特殊ケーブルを使えばスッキリしたものになりますが、ケーブル高いんです。

Amazonでキットが売ってますが、もろもろの道具が含まれて6,980円。たかっ!(欲しいのはケーブルのみ)

別の方法として、内蔵HDDのSATA電源から分岐してSSDに使うことができるようなのでこの方法を採用しました。この方法であれば数百円ですみます。HDDの電源ケーブルを分岐して前述の温度センサーの問題が発生しないかと不安があったのですが、結論として発生してません。分岐は問題ないみたい。

21インチのiMacは内部が狭いのでかなりキツキツです。SATA電源ケーブルを分岐するのですが分岐後の電源をHDDに指す場合に電源がストレートの端子だとフレームにあたってしまいます。上Lがいいのですが、SATA電源分岐で上Lになるのが見つからないので、下Lを使いました。ストレートは絶対無理だと思いますが、下Lなら高さがでるけどうまくケーブル整理すればなんとかかんとか収まります。

sata-2split

分岐をしてから変換ケーブルで上Lにしても良いと思います。私はそうしました。
sata-2splitb
 

アイネックス シリアルATA用二股電源ケーブル S2-1504SA
AINEX (2011-07-12)
売り上げランキング: 2,922

分岐してから上Lに変換するならこちら分岐のケーブルはなんでもよくなる。

アイネックス シリアルATA用電源変換ケーブル 上L型コネクタ SA-085U
アイネックス (2014-07-08)
売り上げランキング: 38,979

SSD側はひっくり返せばいいのでストレートでも上Lでも下Lでも良いと思います。あとSATAケーブルは下Lかストレートだと思います。上Lはヒートシンクに干渉しますが、Lの方をSSD側にしてつければそれでも大丈夫でしょう。

SSD

あとは、SSDですが最近でたばかりの格安SSDのトランセンドのものを使いました。256GBで1万円強。安くなったものです。

Transcend SSD 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 256GB 3年保証 TS256GSSD370
トランセンド・ジャパン (2014-07-01)
売り上げランキング: 333

SSDはDVDドライブの裏に入る感じなのですが、専用のブラケットみたいなのがついたセットを買うとこれまた高いので、両面テープでつける方法がよく紹介されてますが、マジックテープ(ベルクロ)を使ってみました。多少のガタツキがあっても落ちないしゆるゆるでありながら落ちない感じがいいんじゃないかと思いました。

分解・実装

詳細なやり方はこれを見るのが一番でした。

こまかいコツとかも解説してあるので失敗せずにできると思いますが、私はひとつ失敗しました。ボードを取り出してから戻す際にどうしてもキッチリハマらなかったのです。何時間か格闘してケーブルを貼り付ける小さな部品が外れて下に落ちていて、それが挟まっていたせいでボードがキッチリハマらなくなっていたのでした。

再インストール

SSD増設後は、ディスクユーティリティでフォーマットしてmavericksを再インストールしました。

SSDとHDDを別々に使うか、フュージョンドライブとして設定して使うか迷いました。フュージョンドライブは、SSDとHDDを1つのドライブとして使うことでSSDの速さとHDDの大容量のいいとこ取りをする技術です。

私の内蔵HDDは500GBで、256GBのSSDと500GBのHDDをフュージョンドライブにするのはなんか勿体無いなぁという気持ちで、別々に使うことにしました。256GBSSD+2TBHDDとかならフュージョンドライブにする気持ちがあるのですが、半分SSDのフュージョンドライブはバランス悪そう?

とりあえずこれで、mid 2011ももうしばらく使えるかと思います。

それでは快適なSSDライフを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)