iPhone6/6+が出たけど契約プランの一考を

※この記事は、iPhone6価格発表前に価格を予測した内容の記事です。大筋は合っていますが実際の発表された金額とは異なりますのでご注意を。発表後の考察はこちらを

iPhone6 / 6+ が発表されましたねー。6+は大きいですねー。

さて最近、各電話会社はパケット代・通話料の料金プランを一新して、通話定額契約プラン(カケホーダイ、スマ放題、電話カケ放題)を出しています。これが新プランといえどもあまり私にとってはあまり嬉しくないプランです。

一言で説明すると、「基本料金が大幅アップした上に、データ通信は上限が大幅に引き下げられて、従来と同等の上限にすると高額になる」というものです。

プラン比較

参考前にソフトバンクの場合(だいたいどこのキャリアも同じようなプランです)

旧プラン(ホワイトプラン) 新プラン(スマ放題5GB)
基本料 934円 2,700円
S!ベーシックパック 300円 300円
パケットし放題フラット for 4G LTE 5,200円※
スマ放題データ定額パック5GB 8,000円
6,434円 11,000円

すごい高くなります。それでいて旧プランのデータ上限は7GBだったのですが5GBに減っています

(※追記:パケットし放題フラットは契約時期によってずっと5,200円の場合と、3年目から5,700円になる場合があります。http://goo.gl/fKs40j, http://goo.gl/9vG0Y4

上記の比較は、新プランのスマ放題データパック5GBというプランを選択しているのですが、もう一段階安いプランで2GBというのがあります。それだと月額は6500円となり、ほぼ旧プランと一緒ですが上限2GBと大幅にデータ上限が減っています。

2GBは(モバイル通信で)Youtubeなどを使えば、1ヶ月で簡単に到達してしまう容量なので、なるべくWiFiを使うなど節約しなければなりません。

つまり新プランに移行する際に、利用者はどちらかを選択しなければなりません。「節約して使うのか?」「高くなったパケット定額の金を出すのか?」

そんなプランに誰が入るのか?

どこへでも通話し放題になるわけですから、通話料が多いユーザにとってはこのプランにもメリットがあります。ただホワイトプランでもSoftbank同士は通話無料だったんですよね。。。私も含めスマホになってからはほとんど通話しない人も多いと思います。LINE電話などのvoip系アプリを使っている人も多いでしょう。そんな人たちにはメリットがないプランですね。

ですが、新規契約に関してはこのスマ放題プランが強制される流れになっています。ドコモはすでに新規契約は新プランのみ。Softbankは11月末で旧プランの契約終了。auは未定です。店頭では新プランの契約に特典がついてなるべく新プランで契約してもらおうという方針です。

特にドコモは強気で、「機種変更時に新プランに切り替えなければ、月々サポートの対象外」になります。例えばiPhone買った時に24ヶ月で実質0円になるあれです。それが旧プランでは一切つかないので端末代が高額になってしまいます。恐ろしいですね。。。

要するに携帯電話会社は、「今までのプランじゃやっていけなくなったから、みなさん新プランに移行してください」という方針なんです。

ドコモでは「機種変更時に旧プランの維持で月々サポートがつかない」と明確になっていますが、他の2社は2014/09/11現在でまだ未発表です。同じように月月割対象外になるとか、旧プランの維持不可となることは大いに考えられます。契約的にはOKでも量販店の契約でダメということも過去には多くあります。

じゃあどうするのか?

iPhoneを含めスマホというのは非常に高価な商品です。ですがキャリアの端末代割引があるから買い替えもできました。その端末代割引がつけられないのであれば、高価でもしかたありません。SIMフリーのiPhoneを買うことです。

SIMフリー端末は誰も割引してくれないので高価ですが、この端末に旧プランで契約しているSIMカードを使うことで旧プランの維持ができます。もう今までみたいな契約はできないので仕方ありません。「割引を受けて高い新プランで契約する」「割引を捨てて安い旧プランを維持する」のどちらが得なのでしょうか?

 

 

試算

試算してみました。

まだ月月割の金額は未発表ですが、いつもどおりならば16GBの最安の端末が2年間で実質無料になるような月月割が予想されます。
16GBのiPhone6の端末代が67,800円なので、24分割して2,825円と仮定。

iPhone6の端末は16GBの次が64GBです。売れ筋は64GBだろうと仮定してこの端末(79,800円)を割賦で購入しスマ放題5GBで契約した場合。

2,700(基本料金)+300(S!ベーシックパック)+8,000(データパック)+3,325(端末代割賦)-2,825(月月割)=11,500円/月

次は、旧ホワイトプランを維持してSIMフリーiPhone6を買った場合。

934(基本料金)+300(S!ベーシックパック)+5,200(パケットし放題フラット2013年9月19日までの契約)=6,434円/月
最初に端末代79,800円がかかる。

SIMフリーの場合は最初にドカンとかかりますが、月額が安くすむので18ヶ月目でSIMフリーのほうが安くなり、24ヶ月後には267,600円 vs 234,216円となり3万円ほどSIMフリーのほうが安上がりになります。SIMフリーですので途中でMVNOへの乗り換えなども安心ですね。

graph

この端末・契約の場合にはSIMフリーのほうがお得なわけですが、「得だと分かっても最初に8万円近くだせるかー!」という考えもあるでしょう。その場合はスマ放題2GBを選択し節約しながら2GBでいくのが安上がりです。7,000円/月の支払いになります。外ではなるべくWiFiに繋ぐようにし、Youtubeなどのストリーミング系の動画ダウンロードはWiFiでのみ行う。SNS系のサムネイル画像はプレビューをなるべく軽い設定にして…など気をつけて使えば2GBで収まると思います。家で(可能なら職場も)WiFiにするのが大事です。

ちなみに5GBでも従来の7GBよりも減っているので、外で動画なんかを見てた人は気をつける必要があります。

※追記:コメントで指摘がありましたので修正
パケットし放題フラットを5,200円で試算していますが、これは2013年9月19日までにiPhone5とともにパケットし放題フラットに契約した場合だったようです。それ以降の契約の場合は、2年間5,200円で3年目から5,700円になるため、SIMフリーで旧プラン維持の場合でもパケットし放題が値段が上がるタイミングが発生します。
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/iphone/white-plan/packet/

iPhone5を真っ先に買ったような人はずっと5,200円ですが、5c/5sの人たちは3年目から5,700円になるようです。。。

2013年9月20日からパケットし放題フラットに加入してたと考えると、5,200円が12回。5,700円が12回になります。この場合でも18ヶ月目で入れ替わるのは同じで24ヶ月で267,600円 vs 240,216円となりそれでもSIMフリーの方が安く、上限も7GBと多いです。

まとめ

推測での試算ですが、従来よりも高くなるのは避けられそうにないです。

  • 現行プラン維持で月月割もつく!→ラッキー!現行プラン維持(ドコモはこの線なし)
  • 現行プラン維持では月月割対象外↓
    • 最初に高額でもお得なものを→SIMフリーを購入し現行プラン維持でSIMを差し替え
    • できるだけ月々の負担を増やしたくない→2GBプランで節約しよう

その他に考えられる道としては、スマ放題が高額になった分、月月割も増額される可能性があります。利益重視で新プランで値上げしても契約してくれないと困るので月月割を端末代以上に増額し、もう少し新プランでも安く維持できるパターンです。この場合はSIMフリーより安くなると思いますので、お財布と相談して2GBか5GBか決めましょう。

ライフを!


iPhone6/6+が出たけど契約プランの一考を」への2件のフィードバック

  1. なんと!5,200円は2年間だけだったんですね!これは間違ってました。ありがとうございます。

    それでいてパケットし放題フラットが2年で5,200円→5,700円になるのは、LTE定額プログラムが2年間で終了するからなのですね。
    でもLTE定額プラグラムは2013年9月20日を境に改悪されてて、
    〜2013年9月19日までの契約→ずっと5,200円
    2013年9月20日〜の契約→2年間5,200円それ以降5,700円だそうでややこしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)