Google App Engineのロードマップが発表

Google App Engineの公式なロードマップが発表されました。

App Engine Product Roadmap

  • Service for storing and serving large files
  • Datastore import and export utility for large datasets
  • Billing: developers can pay for more resource usage
  • Support for a new runtime language
  • Uptime monitoring site

以前にGoogle App EngineがJavaサポートするかも?という噂を取り上げましたが、「Support for a new runtime language」と書いているのでJavaとはまだ確定できませんが、新しい言語が使えるようになりそうです。(static languageのニーズについて述べていたので、個人的にはCとかJavaだと思っているのですが。。。)

もう一つ私は注目したいのが有料サービスです。有料化オプションで厳しい制限から逃れられるとすると、ホントにGoogle App Engineでの無停止サービスに魅力が出てきます。

2008年10月~2009年3月までのロードマップなので、近いうちに有料サービスが開始されるかと思うと楽しみです。

関連記事:civic site : Google App Engineの新言語対応はJavaとは限らない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)