Eclipse Plugin「シェル拡張」

初めてEclipseのPlugin作ってみた。
ファイルやフォルダを右クリックして、エクスプローラで開くとかそういったプラグインです。似たようなプラグインは少なくとも3つ知っているけど、自分好みの機能をまとめて用意してみました。

シェル拡張プラグイン

シェル拡張プラグイン

  • フォルダ(もしくは、ファイルの親フォルダ)をエクスプローラで開く
  • フォルダ(もしくは、ファイルの親フォルダ)をコマンドプロンプトで開く
  • ファイル、フォルダのフルパスをコピー
  • ファイル名、フォルダ名をコピー
  • ファイル、フォルダのURLをコピー
  • ファイルを実行


Eclipseプラグイン開発
Eclipseプラグイン開発の良書
最後のファイルを実行は、「アプリケーションから開く」-「システム・エディタ」(標準機能)とほとんど同じなのですが、実行するときの作業フォルダがファイルの置いてあるフォルダである点が違います。例えばバッチファイルをEclipse上から実行するときなどに便利です。
URLをコピーは、リソースのクラスパスを書くときなんか便利です。/jp/hoge/foo/A.properties なんていう文字列を作るときに便利じゃないかなぁと。
Plugin開発はなかなか分かりにくいんだけど、Eclipse自体にPlugin開発のプロジェクトが用意されてて至れりつくせりなのは便利だと思った。GUIとか使わないプラグインなら簡単に作ることができるな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)