自作低温調理器にポンプ搭載で循環もするようにしたり寿司を作ったり

先日Anovaが高かったから自作した話を記事にしましたが、また少し進展がありましたので記録を残しておきます。

Anovaとは何か?っていう人はこちらの商品群をみておいてください。

水中ポンプを買った

60℃近い温水で水中ポンプを動かしても大丈夫か分からなかったのですが、Amazonで購入したこのポンプは650円で買えるようなので壊れてもいいやくらいの気持ちで購入しました。

※レビューにもあるのですが、電源プラグが日本仕様でなくて変です。左右逆にして刺さるコンセントもあるのですが、入らないコンセントもありました。今は海外製のアダプタ通して使ってます。

何度かやった結果、ローストビーフとしてはそんなに長時間やらないほうがしっとり感があってうまいと思います。

これは16時間近くやったものなのですが、モモ肉なんかはスジっぽさはなくなるのですが水分が無くなってパサついてくるようです。そのぶんをオイルで補ったりしてこれはこれは美味しいのですがもはやローストビーフではないですよね。
後述の寿司でつかったローストビーフは30〜45分のものです。低温+長時間の調理器の機能を生かしてない気がするのですが、この方がローストビーフらしい感じで家族には好評です。

写真取り忘れたのですが、ステーキ用肩ロースを12時間とかやるとトングで持ち上げられないくらいダバダバの柔らかさになって好評でした。

とびだせ!おすし

参考にしたブログ記事で、ローストビーフ寿司を作っていたのを見て、ローストビーフもいいですが普通に寿司を作れたら子も喜ぶと思って、「とびだせ!おすし」を購入しました。

これはアイテムとしては安いものなのですが楽しい!
さすがに本職の寿司にはなりませんが、回転寿司レベルのを寿司をより安く作れるといった感じです。でも見栄えはしますよね。

子も大喜びでした。

問題は食べる側の需要以上に、作る側が供給してくることです。今後は魚とかもやっていきたい所存です。

自作anova低温調理の他の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)