9351346786_2c63358725_z
Lightningケーブル損傷したけどAppleで交換してもらった

iPhone5に付属していた純正のLightningケーブルが1本損傷して、充電や同期に支障出るようになりました。
具体的にどうなるかというと、充電アダプタとつないでも、充電開始したり、止まったり、また開始したりと頻繁に繰り返されてまともに充電できなくなり、PCに繋ぐとなんか警告がでてだめでした。

私のiPhone5と妻のiPhone5でそれぞれ使っているのですが、私のケーブルの方が過酷な使い方してるのに、妻が使っているヤツのほうが先に断線してしまったようです。充電でしか使ってないんですが。

ところで、iPhone5はこの記事執筆時点でまだ1年たっていないのでApple Careに入っていなくてもまだ保証期間内です。「Lightningケーブルに関しては報告すればあっさり交換してくれる」という情報を得たので、Appleサポートから交換してみました。結論としてすぐに交換品が届きましたよ。

こちらのiPhoneのAppleサポートから、「サービスリクエスト/トラブルシューティング」→「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」でケーブルを選んで、iPhoneにメールを送信。
Apple – サポート – 確認内容の選択
Apple - サポート - 確認内容の選択

このメール送信はgmailアドレスにしてみたんですが、認証みたいなのがうまくできませんでした。キャリアメールのほうがいいのかもしれません。でもメールの受信は診断のためみたいで、それができなくてもあんまり関係ないみたいです。そのあと「郵送修理」を選びました。iPhoneのシリアル番号を入力します。iPhoneのシリアル番号は、端末から「設定」ー「一般」ー「情報」から確認できました。

この郵送修理は、まず新しいケーブルがAppleから配送されてきます。私の場合次の日にはもう発送されましたので、普通にApple Storeでケーブル買ったのと同じようになります。

そして一応クレジットカードには、Lightningケーブルの購入の与信が行われているようです。定価で買うのと同じです。この購入情報は、確かにケーブルの不具合が合った場合にはキャンセルされます。つまり嘘をついて新品交換しようとした場合や、故障したケーブルを返送しない場合は、通常どおりの購入になってしまいます。このあたりは再三警告されました。

私の場合は2日後に、ヤマトからメール便のような形で送られてきました。メール便みたいなんですがちゃんとヤマトの配達員が受け取りサインを要求してくるやつで、その場で梱包といて中身を取り出して、故障品をそれに入れて持っていくような手順でした。

あっさりと交換してもらったので、調子が悪いと感じている人は保証が切れる前に早めに交換してもらうのが良いと思います。安全な純正品は1,980円もしますからね。中国製の安いやつは100円ぐらいのも出ていますが、iOSのバージョンアップでどうなるか分からない上に、発火リスクなどもあるので自己責任で。

一応、私としては、机の上での作業中の同期や、会社での仕事中の充電時には安いケーブルも使っていますが、寝るときの充電には怖いので純正を使うようにしています。

それでは、快適なLightningケーブル交換ライフを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)