Kindle Paperwhite来ました!

起動中

発売直後に予約段階で大人気だったKindleですが、さいわい前々からウォッチしてたのですぐに買えました。

Kindle4持ちですが、その辺と比較した感想書いきます。

Kindle4の時はいかにも段ボール的な色の箱だったんですが、今回は段ボールでも黒く塗られてます。

Kindle開封

電源アダプタはなし。USBケーブルはついてます。

持った感じ

手に持った感想は、Kindle4より重量感あります。片手で端を持つような感じ (トランプのカードのように) だと疲れるかも。いや無理かも。

そしてKindle4にあった両側のページ切り替えボタンがなくなったことで、片手でわしづかんでのページ切り替えが出来なくなりました。これはKindle4の写真です。

わしづかんで、前ページ次ページが両方にあるので左右問わずに使える画期的なボタンでした。タッチパネルだと、片手で持ってタッチ操作出来るのは親指の範囲だけです。

これはとても残念ですが、タッチパネルオンリーにする事で部品構成もシンプルになるので仕方ないです。

画面

Kindle4と比べて解像度倍なのでこれは超絶きれい。日本語のルビもしっかり表示できてます。

Paperwhiteたる白さはE-inkディスプレイそのものではなく、フロントライトによって白くなる方式です。外の明るさでは不要ですが、屋内になると意外と便利です。

ただ寝る時に暗闇で使って見ましたが、これは眩しくないのに眩しいみたいな感じで私はダメでした。明るさ最低してもなんか見づらいです。消してブックライトつけた方が見やすい気がしました。

タッチ操作

便利です。Kindle4の時はカーソルキーでカチカチ移動して選択するガラケーみたいな方式でしたが、タッチで選べるのでシンプルです。ソフトウェアキーボードも使えるので、文字入力も楽になりました。

まとめ

縦書き対応など考えると、このKindle Paperwhite一択なんですが、タッチなくても物理ボタン付、1024×768のKindleがもっと軽ければそっちが欲しいです。

ハードのスペック的にこれに合いそうなのはStory HDなんですが、AmazonのKindleである事が重要なんで、スペック的にそうでもやっぱり違います。

とりあえず日常使いはこれで読み進めたいと思います!

それでは、快適なKindleライフを!

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite
posted with amazlet at 12.11.20
Amazon.co.jp (2012-11-19)
売り上げランキング: 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)