Windows8へのアップグレードは3300円でできる

普段使ってるパソコンはMacですが、Windows8が発売!ダウンロード版アップグレードは3300円って事でしたので、以前使っていたC521にインストールしようと購入しました。

入手

Windows8へのアップグレードは、ダウンロード版で3300円で購入できます。すごく安いです!XP, Vista, 7のOEMだろうがなんだろうが対象です。これは嬉しい!

ダウンロード版アップグレード

さらになんと!最近7を買った人ならアップグレード優待プログラムに申し込み事ですぐにバウチャーコードが発行され、1200円でアップグレードできます。当面7を使いつつ将来的には8への道を残しておくならぜひ購入しておきたいですね。
Windows8 アップグレード優待プログラム

安くなったものです。3300円のも1200円のも2013年1月末までですので、お早めに!

導入準備

ダウンロード版は、インストール準備用の小さなアプリケーションで提供されます。ここで購入やバウチャーの入力をし、最後にアプリケーションによって、Windows8のダウンロードとメディア作成が行われます。
私はクリーンインストールのために、ISOファイルを作成し、それをDVDに焼いてインストールメディアとしました。USBメモリでもいけると思います。

注意点として、このアプリを64bit版Windowsで動作させると、64bit版Windowsがダウンロードされ、32bit版では32bit版になるそうです。
アップグレードだから、32→64ができないのもわかる気がするのですが、パッケージアップグレード版では両方のメディアが入ってるそうなので、損した気持ち。
C521は64bitCPUでOSは32bitXPだったので、32bitがダウンロードされちゃいます。

メディア作成する環境を64bit版Windowsで行い、作成したメディアを使うという夢をみた人がいるとかいないとか。

購入後にプロダクトキーはメールで届きます。なくさないように。

インストール

メディアを挿入して、DVDからブートすればあとはいつも通りです。

アップグレード版なんですが、クリーンインストールもできます。その方が確実でしょう。

クリーンインストールする場合には、ストレージにWindowsが入ってなきゃだめだそうです。その辺のチェックがアップグレード版です。まっさらにフォーマットしたHDDに「Windows」フォルダを作ればOKだという夢をみた人もいるそうです。

使ってみて

いわゆるMetro UIっていうかっこいいやつは、タッチ操作前提過ぎて、マウス操作だと違和感あります。 (コーナーにカーソル置くとか、気づかなかった)

デスクトップモードが、従来のWindowsっぽい画面なんですが、慣れ親しんだスタートボタンがなくて、プログラムをどこから起動するか分からず。

Chromeをインストールしたのですが、デスクトップモードのChromeと、メトロUIのChromeは別ワークスペースというか、ブックマークとか別々になります…。Chromeの同期機能ってこんな事に使うんだろうか…。

正直メトロUIは、WindowsRT搭載のタブレットのみで採用すればいいんじゃないでしょうか、キオスク端末とかTVのUIとしてはアリかもしれないけど、これでビジネスしているイメージが湧かない。古い人間なんでしょうか。

XP向けのハードでしたが、8でも普通に動いていて、その点は素晴らしかったです。なんとなくUIはXPよりもシンプルになった気がしましたが。

いつかいるかもしれないと思って導入しました8でしたが、特定ゲームアプリケーションが動かなかったのでXPに戻しました!

それでは快適なWindows8ライフを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)