Fullscreen
チャットワークはアプリケーションショートカットで単独アプリ化するといい

タイトルがすべてを語っているのですが、Chromeのアプリケーションショートカットで、Webアプリケーションを独立させると良い感じにつかえていいですよ。タスク切り替えとか、ウィンドウサイズとか、アイコンとかの点で。

ただ、なぜかMac版Chromeはアプリケーションショートカットが使えないので、その場合の作成方法も後述しています。

Windows, Linuxの場合

Chromeの標準機能に「アプリケーションのショートカットを作成」があるので簡単にできます。
右上のスパナのアイコンから、「ツール」ー「アプリケーションのショートカットを作成」を選択します。

そしてショートカットの作成場所を選択します。デスクトップ、スタートメニュー、タスクバーと登録できます。アプリケーション自体はChromeなので、アンインストールとかは気にせずショートカットの削除だけでOKです。

そして起動するとほらっ!

ブラウザっぽくない!タブバーもアドレスバーもブックマークバーもないから普通のアプリケーションみたいじゃないですか。これはチャットワークのデザインがそういう使い方を意識してるんでしょうねー。うごいているのはChromeなんですが、タスク切り替えではChromeと独立しているので見失わないです。

Chrome for Macの場合

Mac版Chromeはアプリケーションショートカットの作成ができないので、他の方法で同様のことが実現できます。

Fluidを利用する。これが正にアプリケーションショートカットを作成するアプリなんですが、残念なことに有料です。
Fluid – Turn Your Favorite Web Apps into Real Mac Apps.

こちらの情報を参考にシェルスクリプトでアプリケーションショートカット同等のものを作成することもできます。
Create application shortcuts in Google Chrome on a Mac
ここを参考にAppleScript版で作成する方法を紹介します。

上記のリンクからcreateGcApp.dmgをダウンロードします。直リンクはこちら

createGcApp.dmgファイルの中からcreateGcApp.appを実行します。

アプリケーションの名前を入力します。
 

 
なんでもいいのですがここではChatWorkにしておきます。

つぎにWebアプリのURLです。

https://www.chatwork.com/ にします。チャットルーム指定で開いたURLにすると起動時にそのチャットルームが表示されます。
 
 
最後にアプリケーションのアイコンを指定します。

正方形のアイコンの必要があります。ここではチャットワークのアイコンを指定するといい感じでしょう。
私はこちらからダウンロードしてそのファイルを指定しました。アプリ作成後は消してしまってOKです。
 
で完成。

 
 
単独で起動するアプリとなりましたが、Chromeを利用しているため、「Chromeを削除すると動かなくなるよ!」って教えてくれます。

 

アプリケーションフォルダに入ってますので、これを起動すると単独アプリとして良い感じの独立したウィンドウで起動できます。アイコンリソースはもっと高解像度のものが欲しいですね。

それでは、快適なChatWorkライフを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)