iPadをサブディスプレイにすると参照コピペ作業が捗るぞ

iPadはいろんなことに使えて万能ですが、ちょっとしたマルチモニタのサブのディスプレイとして使うと思いのほか便利です!

縦置きなんかでも使えます。Webサイトのリファレンスを閲覧しながらコードを打ったり、ドキュメントを開きながらコード書いたりなんかに便利です。小さいガジェット類をサブディスプレイに常時おいててもいいですね。

私が使っているソフトは、iDisplayというiPadアプリです。Windows用とMac用のドライバもあるので、環境が違っても使えます。両方で接続ができたことを確認できました。この手のマルチモニタ系のアプリはたくさん種類があって迷いましたが、Win, Mac両対応で比較的安めのアプリということで選択しました。

PC側にiDisplayを入れて、iPadとはWiFiで画面情報を送ります。WiFi経由なので若干のもたつきはあります。あとPC本体側でもiDisplayと接続した時にドライバが切り替わるように一瞬暗転して、描画若干遅くなります。なので、あまりスクロールや移動が激しい作業には向かないと思います。閲覧程度にしたほうがいいでしょう。

縦にしても横にしても表示できるのは便利ですね。あとiPadなのでタッチ操作もできちゃいます。ちょっとクリックしたいときにはマウスカーソルをサブディスプレイに持っていかなくても、タップしただけでクリックできちゃいます。でも動いているのはiOSでないので、フリックしたりしてスクロールできるわけではないですw

App IconiDisplay 2.0 App Store
Supported Devices: all
Category: 仕事効率化   Price: 450 JPY
Seller: SHAPE Services GmbH

 
 

「サブディスプレイいいなぁー」って思った人はわざわざiPadなんて買う必要もなくて、こんな感じのUSB接続のディスプレイが各社から1万円台で出てますので、専用商品買うのもいいかもです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)