iPhoneでの日本語入力の高速化

iPhoneでの日本語入力は、フリック入力が便利ですよね。こんな効率的な入力方法を使いつつ、さらに高速化するための手法を提案します!

その名も「濁点無用入力」!

iPhoneの予測変換は、濁点や半濁点、小さい字(っゃゅょ)は無視しても、変換してくれます。

これを頭にいれておけば、ワザワザ「つ」を小さくしたりする必要がないのです。

20110617-084324.jpg

例をあげましょう。
「ふつく」→「ブック」
「くれーふふるーつ」→「グレープフルーツ」
「たいしようふ」→「大丈夫」
「あめりかかつしゆうこく」→「アメリカ合衆国」
「とつちほーる」→「ドッヂボール」

これによって今まで濁点や小さい「つ」を入力するために使っていた左下のあのキーをほとんど使わなくて済むようになります!

20110617-084553.jpg

これはホームポジションを改善するに値します!!

もうひとつ小ネタとして。(これは有名なのですが)

母音がア、つまり「あかさたなはまやらわ」の字を連続入力する時は、一度フリックしてから真ん中に戻すと待たなくてすみます。

例えば「かかし」と入力するさいに、最初は「か」のボタン押します。次に直ぐに「か」をタップすると、「かか」とはならず、「か」が「き」に変換されてしまいます。

これはイライラしますねー。

そこで、二度目の「か」はタップせずに、「か」の上下左右のどちらかにフリックしてから、真ん中の「か」に戻して指を離します。

ちょうどフェイントかけるかの様に。一瞬「き」にいきつつ「か」に戻すのです。ビートたけしみたいに首をクイッと動かせば完璧。

快適な日本語入力ライフを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)