英語以外の言語を翻訳するときに使いたいたった1つの方法

この間、ちょっと何語が分からないメッセージをもらったのですが、Google翻訳を使って日本語に翻訳してみました。
元の文章は、「Virker fint og er lige det jeg manglede」というものです。

 
 

 
!?
 
 
どうやら言語の自動検出によるとデンマーク語らしいことが分かったのですが、それでも「??」意味不明です。
そんなときに、前にTwitterで教えてもらった方法を思い出しました。
 
 
 
英語以外の言語を翻訳するときは、英語に翻訳すれば高精度に翻訳できる。

  
 
ということで英語に翻訳してみました。
 

おおっ!これなら分かる!
つまり「ちゃんと動いています。まさに私の欲しいものでした!」といったメッセージです。
英語はある程度知っていないといけませんが、試してみる価値はあります。
 
 
英語は広く使われる公用語なので、どの言語もvs英語との翻訳は、他の言語に比べて1番進歩しているそうなのです。なので翻訳精度が一番高い英語に翻訳するのがよいそうです。

「◯◯語→英語→日本語」と2段階に翻訳しても効果あるみたいですが、Google翻訳はすでにそれをしているようで同じ結果になりました。

中国語などを日本語に翻訳することがありますが、英語で翻訳するのが高精度で読みやすいと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)