IzPackって面白そう

InfoQのこちらの記事で知ったJava製マルチプラットフォームインストーラ

IzPack: Java以外にも使える、クロスプラットフォームインストーラ
IzPackはオープンソースでカスタマイズ可能な、アプリケーションのパッケージング・配布・デプロイのための、クロスプラットフォームのソリューションである。

マルチプラットフォームなインストーラと言えば、以前、JBuilderかMagicDrawを使っていたときに、InstallAnywhereというものを知って面白いなぁと思ったことがあった。最近だとJavaアプリはインストーラなくてもすぐ使えた方が好まれたりするし、標準的な手段としてはJava Web Startの方が安心だから、あまり流行らないのかも。
でも、メニュー登録や色々な面を考えると、インストーラ形の方がユーザにとっては慣れ親しんでいるものと思える。

IzPackのインストーラ自体がIzPackで作成されているので、どういったことが出来るかは、インストールしてみればわかる。

日本語にローカライズされたインストーラが起動できた。
ようこそ

以下の情報をお読みください
概要表示

インストール先の選択
インストール先の選択

項目の選択
項目の選択

ショートカットの作成
ショートカットの作成

単にインストールしている流れを紹介しているのではなく、こんなインストーラがJavaで作成できるのだという事で見て欲しい。Windowsでありがちな普通のインストーラであることが分かる。これがマルチプラットフォームで動作するわけだ。
まだインストールしただけだが、近いうちにインストーラを作成してみようと思う。

InstallShield公認ガイドブック MSIインストーラ開発
InstallShield公認ガイドブック MSIインストーラ開発


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)