ウィンドウを透過して最前面に置くソフト

ちょっと気になったので、久々にネイティブアプリケーションを作ってみました。
デュアルモニタを使えないような環境で、Excelファイルを参照しながら、エディタで入力が必要なんてときに、わざわざウィンドウ切り替えたりするのが面倒なときってあります。狭いデスクトップ領域を有効に使うために、こんなミニツールを作ってみました。

SetWinTop

setwintop.png

最前面で半透過で表示されるので、参照しながらエディタなどの入力が可能です。
どんなときに使うかと言うと、図を見ながら入力をするけど、参照→入力→参照→入力を繰り返すような場面。ALT+TABでの切り替えが面倒になってくるような。仮想デスクトップでも解決できないので「(多少見づらくても)参照しながら入力」が実現できます。デュアルモニタが最強だけど。

起動で透過&最前面配置。再度起動で元通り。引数で不透過率を指定できます。コマンドライン系のランチャに登録して使ってみてはどうでしょう。(そんなに出番はないでしょうけど。)自分でも使ってみましたが、使いドコロが微妙。。。たまーにこういうのが必要なときがあるんですよ。

ネイティブアプリの作り方も、もうちょっと勉強しないとなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)