NetBeans6.1のJavaScriptサポートを検証

NetBeans6.1はまもなくリリース予定ですが、RC版を使用して新機能であるJavaScriptサポートを検証してみます。
結構かしこいコード補完をするみたいです。すごいなぁ。

まずはコード補完機能です。
コード補完とAPIリファレンス
簡単にメソッドやプロパティを補完することができます。APIリファレンスも同時に表示されました。

JSONオブジェクトを定義して、そのプロパティを参照できます。
JSONオブジェクトのプロパティ
型もちゃんと判別できていますね。

jQueryなんかのJavaScriptライブラリを利用した場合はどうなるか?まずは、HTMLでjQueryを読み込んで、HTML内のスクリプトタグで使用してみます。
外部スクリプトの利用HTML内
ちゃんとコード補完が使用できます。驚いたことにjQueryのAPIリファレンスも表示されています。これはjQueryだからでしょうか??JavaScriptにはJavaDocのような機能はないのでどこから持ってきているのでしょうか??自分で作った関数は、コメント部分が表示されました。

HTMLから外部スクリプトファイルの利用はできましたが、1つのHTMLから、jQueryと自作のスクリプトを読み込み、自作のスクリプトからjQueryが利用できるか試してみました。
外部スクリプトからの外部スクリプト利用
これも利用可能です。ただ、HTMLから利用されているかどうかは関係がなく、Webプロジェクトの公開フォルダにおいたスクリプトが全部参照できるようです。

オブジェクトでメソッドを定義しました。(プロパティに関数オブジェクトを設定したこと)
メソッド定義
これもコード補完できました。

prototypeでメソッドやプロパティを追加した場合
プロトタイプの定義
これもコード補完できました。

どこまでできるかまだ未検証な部分も多いですが、けっこう使えるのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)