太っ腹!Windows Live SkyDrive

マイクロソフトが無料のオンラインストレージサービスを始めました。容量はなんと無料で5GB。オンラインストレージサービスは星の数ほどありますが、無料でこの容量は革命的ではないかと思います。これはすごい。

サービスの安定性について考えると、一介のベンチャー企業が提供するサービスよりは信頼性・安定性で安心できると思われます。これから混みあってきて、ダウンロード速度が遅いということも予想されますが、それでもサーバ停止とかはさすがにないんじゃないかと。
skydrive.jpg
Windows Live SkyDrive

使用するには、Windows Live IDを作成する必要があります。
余談ですが、Windows系のWebサービスのアカウントは何がなんだか分かりません。Hotmailだとか.NETパスポートだとか、Live IDだとか。。。結局どれでもつかるみたいなのですが。

最大容量は5GB。1ファイルあたりの最大サイズも50MBと大きめです。
公開フォルダ(誰でもダウンロード可能)、共有フォルダ(指定ユーザのみ)、個人フォルダなどの機能をもちます。
マイクロソフトのサービスなので、そのうちWindowsのドライブと認識してくれるようなソフトウェアとかも期待できそうです。
公開フォルダにファイルをアップロードした後は、「埋め込み」を選択することで、ファイルのダウンロード用のパーツを作成することができます。
埋め込み
これを自分のブログに埋め込むとこんな感じ。

ファイルそのものに直接リンクはできません。(これは他社のサービスも同様)アップロード制限の厳しいブログなどから、ファイル置き場として利用することが可能かと思います。

他のオンラインストレージサービスの比較してみる。
(一定期間でファイルなくなる転送系サービスでは、もっと容量が大きいのもあるが、ブログからリンクするようなファイル置き場としては使用できないのであまり注目していない。)

サービス名 容量(GB) 1ファイルあたり上限(MB)
OmniDrive 1 無制限
Yahoo!ブリーフケース 0.3 5
Box.net(無料版) 1 10
Windows Live SkyDrive 5 50
MediaFire 無制限 無制限

比較グラフ(Google Chart API)
これだけみるとMediaFire最強じゃん!ってなるかもしれないけど、MediaFireがいつまで容量無制限・保存期間無期限を続けていられるかは怪しいと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)