MyMiniCity作ってみた

POLAR BEAR BLOGさんで紹介されていたMyMiniCity、作ってみました。

city
civic-siteのMyMiniCity
まだポツンと家があるだけでさびしい街です。
シムシティみたいなんですが面倒な操作は全くなく、ただ短に自分のURLに誰かがアクセスするだけで、街が大きくなっていくようです。

アカウント作るのがすごく簡単。自分が希望するアカウント名と街を作りたい国を選択するだけ。これだけ。
そうすると自分の街のURLが生成されるので、あとはそのURLを公開して、たくさんの人にアクセスしてもらえば街が大きくなっていくと。
あと、犯罪発生率とかそういったイベント対処が必要なときもあるそうで、そういった場合にはURLを変化させてアクセスしてもらうとよいそうです。

ぜひ街を作ってみてください。街にもアクセスしてください。。。

2007/12/20追記:
1日経って20人程度の人にアクセスしてもらったら、こんな感じまで発展しました。ちょっとした集落ですね。
1日後

100SHIKI.COMさんのサイトの記事で知ったのですが、RSSまで出力されているそうです。

友達にURLを渡してアクセスしてもらうと街が育っていくゲーム『MyMinCity』 | 100SHIKI.COM
そうした街の繁栄ぶりをみんなで楽しむことができるというわけだ。ご丁寧にRSSまで出力してくれるので、URLを公開した後はお気に入りのRSSリーダーで進み具合をチェックすることもできる。

MyMiniCityが突然流行しているのはTwitterのおかげもあると思うのですが、「簡単に始められてすぐに成果が分かる」っていうのも大きな要因だと思います。英語のサイトで「えっ、なんか面倒そう。。。」と思いつつも、すぐに自分のURLが生成されて街が出来上がれば、「おっ!もうできたの?」と思って継続してくれるわけです。
最近は色んなサービスがWebで提供されたりしますが、トップページでサービスの特徴を語る前に、「まずは、すぐに試させてくれよ」って思うのがユーザの気持ちだと思います。「試してみて意味わかんね」と思われた、「丁寧な説明書を作るのではなく、説明書なくても使いこなせるように作る
」のが大事なんだと思います。もちろん説明書を隅々まで読みたい人もいるので、用意しておくも悪くはないですが。

関連記事:civic site : MyMiniCityで工業がうまれた


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)