NetBeansコラボレーションを使ってみる(ファイル共有編)

前回のチャット機能に続いて、今回はファイル共有機能について紹介します。

ファイルの共有

まずはチャットを開始します。チャットの開始方法は、前回紹介したとおりです。
チャットの開始

チャットが開始したら、「共有するにはファイルやプロジェクトをここにドラッグしてください」と書かれた部分にファイルをドラッグ&ドロップします。
ファイルの共有
ファイルが共有されました。
ファイル共有後

共有ファイルの編集

この共有されたファイルを開くと、通常のエディタと同じようにファイルが編集できます。しかしファイル名の横に[共有]というマークが付いています。
共有されたファイル
共有ファイルを編集すると、共有しているユーザ同士の編集ウィンドウに編集された箇所が分かるように色づけされます。
共有ファイルの編集
多少、タイムラグはあるものの、編集しているさまがお互いに共有できます。片方が編集している間、もう一方がそれを見守るというわけではなく、お互いが同時進行で編集できます。(どれだけ同時編集が信頼できるかは不明ですが

ビルドや実行時の出力ウィンドウは、それぞれの共有ユーザー毎に表示されます。
出力ウィンドウ
ファイル共有を終了する場合は、ファイルを右クリックして「共有の停止」を選択します。
共有の停止

実際にまともにファイル共有を使って共同編集したことはないのですが、遠隔地に離れた開発者と共同開発する際には、なかなか面白いのではないでしょうか?
でもその場合には、テキストチャットはコードを見せる場合に使いつつ、会話はSkypeなんかを使ったほうがスムーズにコミュニケーションできるかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)