Box.netでのオンラインストレージ利用

私のサイトでも利用しているのですが、ファイルをサーバ上で保管してくれる「Box.net」というサービスがあります。
いわゆる「オンラインストレージサービス」というジャンルです。
似たようなサービスはたくさんあるのですが、私が利用してる「Box.net」を紹介します。

box.net

Box.netの特徴はこんな感じです。

  • 無料で1GBの領域が使用可能(有料コース4.99$/monthだと5GB)
  • ファイル/フォルダ単位で、公開/非公開を設定可能
  • Ajaxを多様した使いやすい操作性(多様しすぎ?)

無料のアカウントでも1GBもの領域を使用できるので、ファイル置き場として便利です。
ただし、無料アカウントでは直接ダウンロードさせるリンク(いわゆる直リン)は作成できないようです。”direct link”なんて表記があるので、有料コースだと直リンも可能なようです。
他にも無料アカウントでは細かい制限があるのですが、公開ファイルの置き場として使用するには不満はありません。

利用方法

ログイン画面 あらかじめサインアップしておいたアカウントでログインします。
サインアップに必要な情報はemailとパスワードぐらいです。BASICプランというのが無料コースです。
アップロード アップロードするときは、こんなダイアログが表示されます。
アップロード先のフォルダと、アップロードするローカルファイルを選択します。
ちょっとおかしいのが、「add files」というボタンがあるのですが、このボタンを押しても、ファイル選択ダイアログが表示されないことがあります。実はクリックできる領域が少しずれているようで、私が使用している環境では少し←にずれて、「Method」と書いてあるあたりをクリックすると機能します。IEだとボタンの中央付近なら反応しました。見た目に懲りすぎて、まともに操作できないくらいなら、普通のボタンを置いて欲しいものです。
アップロード中... 「upload」ボタンを押すと、アップロードします。
ちゃんとプログレスバーが表示されるあたりが芸が細かい。
ポップアップメニュー アップロードが完了すると、一覧画面に表示されます。
アップロード直後は、非公開ファイルとして保管されます。
誰でもダウンロード可能にするには、一覧から「GET PUBLIC LINK」というメニューを選んで…
共有設定 「Web address」というフィールドに、公開用のアドレスが表示されます。
これを自身のサイトなどに表記すれば、誰でもダウンロード可能です。無料のBASICプランでは、直リンクはできないようです。
ダウンロード画面 公開用のアドレスにアクセスすると、こんな画面が表示されます。
ここからダウンロードできます。直接リンクはできませんが、これならいいかなという感じました。
D&Dでのアップロード 複数のファイルアップロードをまとめてアップロードする場合には、専用のアプレットを使用すると、ドラッグ&ドロップで簡単にアップロードできます。
アップロード画面で「drag and drop」というリンクをクリックします。
アプレットの起動 こんなアプレットが起動します。
この画面にファイルをドラッグ&ドロップします。
※ローカルファイルにアクセスする署名付きアプレットなため、コンテンツを信頼するかどうか確認されるはずです。box.netのデジタル署名が付いていることを確認しつつ、box.netを信用するならば「信頼する」をクリックして実行します。Box.netを信頼しない場合は、残念ながらアプレットからの複数アップロードは使えません。
アップロード対象のファイル一覧 ファイルをドロップするだけで、複数のファイルを簡単に指定できます。
この段階ではまだアップロードしていません。複数のファイルを指定してから、まとめてアップロードします。
アップロード中... アップロード中のプログレスダイアログです。こちらはSwingのプログレスバーなので別に目新しくもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)