AjaxTagsプロジェクトの混乱

JavaからAjaxを使うためのタグライブラリとして、「AjaxTags」というタグライブラリが各所で紹介されている。

しかし、これらの記事では、AjaxTagsについて、2つのAjaxTagsを混同しています
上記の記事を読んで、私も「さて、AjaxTagsとやらを調べてみようか」と私が思ったのですが、調べているうちに混乱してきてこの間違いに気づきました。
MYCOMジャーナルの記事を読んで、1.0公開ということで、ダウンロードするために関連リンクを参照したら、公開されているのは1.0beta3となっています。

実は、AjaxTagsというプロジェクトは2つ存在しています
1つは、http://ajaxtags.sourceforge.net/で公開されている、「Ajax JSP Tag Library」というAjaxTagsです。
もう1つは、Java Web Parts傘下のAjaxTagsで、以前はStruts専用のカスタムタグライブラリとして、http://struts.sourceforge.net/ajaxtags/で配布されていたものです。

これらの経緯は、Java Web PartsのFAQに書いてありました。
どうやら、最初にStruts専用タグとして存在していた旧AjaxTagsがあり、それがある時からJava Web Parts傘下に入ったようです。同時期に、全く新しいプロジェクトとしてAjax JSP Tag Libraryが現れたそうな。

両者の違いは良く分からないのですが、コンポーネントとして使用できるのは、「Ajax JSP Tag Library」のようです。
上記の2つの記事も、おそらくAjax JSP Tag Libraryの方について書いています。
でもリンクにJava Web PartsのAjaxTagsがあったりして混乱してしまいます。

Ajax JSP Tag Library 1.0というのは、こちらのプロジェクト のAjaxTagsなので注意してください。

関連記事
AjaxTagsを使ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)